最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・1 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・13 »

2011年10月12日 (水曜日)

英国ロックはジャズロックの宝庫

1970年代の英国は、ロックとジャズの境目が曖昧。ロックとジャズ、特にジャズロックやクロスオーバー、フュージョンとの境界が実に曖昧。ミュージシャンがこれらをシェアしていて、米国のように、ロックはロック、ジャズはジャズという感じで、ミュージシャンが分かれていないところが面白い。

つまり、ロック系のミュージシャンが、ジャズロックやクロスオーバーやフュージョンをやったり、ごった煮で演奏したりで、特に、ジャズロックとクロスオーバーは、あっちこっちに飛び火して、ロックの中にジャズロックの要素が深く入り込んでいたり、クロスオーバーそのもののアプローチをしてみたり。

日本では、それを十把一絡げで「プログレッシブ・ロック」の範疇に押し込めたので、何がなんやら判らない状態になった。はっきり言うが、ロック系のミュージシャンが、ジャズロックやクロスオーバーやフュージョンをやるのは「プログレッシブ・ロック」では無い(笑)。

さて、そんなロック系のミュージシャンが、ジャズロックやクロスオーバーやフュージョンを「ごった煮」で演奏した好例がある。その名は『801 Live』(写真左)。ブライアン・フェリーとともにロキシー・ミュージックを支えたギタリスト、フィル・マンザネラ(Phil Manzanera・写真右)が率いる「801」の1976年発表のライブ盤。

「801」はバンド名、ちなみにパーソネルは、Roxy Music陣営より、Phil Manzanera (g)・Brian Eno (key, syn,g,vo), Quiet Sun, Matching Mole陣営から、Bill MacCormick (b)、Curved Airk陣営から、Francis Monkman (key)、Simon Phillips (ds), Lloyd Watson (g)。グラム・ロックからカンタベリー・ミュージックの範疇から集まった、鬼才、奇才、精鋭ミュージシャンたち。
 
801_live
 
これがまあ、聴き始めると面白いこと面白いこと。冒頭の「Lagrima」〜「TNK (Tomorrow Never Knows)」のリズム&ビートは、エレクトリック・マイルスのポリリズミックな変則ビートそのもの。そんなエレクトリック・ジャズのリズム&ビートに乗って、ジョン・レノンの名曲「Tomorrow Never Knows」をカバるのだから凄い。エレクトリック・ジャズの本家本元も真っ青な演奏。

メンバー構成など見かけ上は、英国グラム・ロックからカンタベリー・ミュージックの範疇だが、中身はしっかりとジャズロックし、クロスオーバーしている。成熟したジャズロック&クロスオーバーなインスト・ナンバーがとても格好良い。

Brian Enoのボーカル・ナンバーは、ちょっと「変態ボーカル」なので、さすがにジャズロック、クロスオーバーとはいかない。これはどちらかと言えば、英国でのサイケデリック・ロックの残照的演奏である。1960年代終盤から1970年代初頭にかけて流行ったサイケデリック・ロック。しかし、バックのリズム&ビートは、エレクトリック・ジャズの8ビートを踏襲したりしているから、とってもややこしい(笑)。

ジャズの範疇での、ジャズロックやクロスオーバー・ジャズのファンの方々には、一度、この『801 Live』は聴いて頂きたいですね〜。本家米国には絶対に無い、英国ならではのジャズロック&クロスオーバーを堪能することが出来ます。本家本元、米国のジャズロック&クロスオーバーの演奏よりも、ロックの要素が入り込んでいるだけ、英国のジャズロック&クロスオーバーの方が、キャッチャーでコマーシャルなところが、これまた個性的です。

いや〜、英国のロック系のジャズロックやクロスオーバーは面白いですよ。テクニックも優秀で破綻することが無いところも、なかなかに評価できるところ。ちょっとサイケデリックが入ってきて、ちょっとズッ転けることもありますが、それはそれで「ご愛嬌」(笑)。 
 
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« こんなアルバムあったんや・1 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・13 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/42472644

この記事へのトラックバック一覧です: 英国ロックはジャズロックの宝庫:

« こんなアルバムあったんや・1 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・13 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ