« チェットのペットを満喫する | トップページ | スティーブ・ジョブズ逝去(悲) »

2011年10月 5日 (水曜日)

ちょっと可愛そうな「Stuff盤」

スタッフ3枚目のスタジオ録音盤である『Stuff It』(写真左)。なぜか、スタッフのファンの間でも、なかなかその名前が挙がらない、ちょっと可愛そうなアルバム。

出来が悪い訳では無い。しかし、デビュー作と前作は音作りの傾向はほぼ同じだったが、このサードアルバムは音作りの傾向が違う。プロデューサーが違うのが原因だろう。ライブ感が希薄になったというか、セッション的雰囲気が希薄になったというか、演奏全体の勢いが無くなったというか、大人しくなったというか、とにかく前作までとアルバム全体の雰囲気が違う。

ちなみに、ファースト・アルバムのプロデューサーは「トミー・リピューマとハーブ・ロヴェル」。セカンド・アルバムは「ヴァン・マッコイとチャーリー・チップス」。そして、このサード・アルバムの『Stuff It』は「スティーヴ・クロッパー」。

しかし、内容が劣っている訳では無い。ご機嫌ファンキーなノリは健在だし、R&Bでキャッチなインプロビゼーションも健在。しかし、前作までには無かった、ホーン・セクションやコーラスのアレンジやイージーリスニング・ジャズ的なアレンジがあしらわれており、恐らく、この「作り込まれた」感を違和感と感じて、ファースト・アルバムからのスタッフのファンは、この『Stuff It』を敬遠するのかも知れない。
 

Stuff_it

 
それでも、縦ノリファンキーなガッドのドラムは相変わらずノリノリだし、クリストファー・パーカーとのツイン・ドラムスも健在。ティーの「どファンキー」なキーボードは更に磨きがかかり、コーネル・デュプレーとエリック・ゲイルのツイン・エレギはどこから聴いてもファンクネスの塊。ゴードン・エドワーズのヴォーカルも渋くて素敵。

よくよく聴き直してみると、やっぱり、ホーンやコーラス、ストリングスのアレンジが邪魔かな。作り込まれた感とデコレーションな雰囲気が、どうも邪魔に感じる面がある。悪くはないんですけどね。無くてもええやないか、と思ってしまうんですよね。恐らく、この作り込まれた感がこの『Stuff It』の評価を下げているのだと思います。

ホーン・アレンジまでは、R&Bな雰囲気作りってことでまだ良いんですが、コーラスやストリングスはやはり「蛇足」。ゴスペルチックなコーラスを被せなくても、本来のスタッフの演奏自体が限りなくファンキーだし、ゆったりとした演奏でのティーのキーボードとコーネル・デュプレー+エリック・ゲイルのツイン・エレギのユニゾン&ハーモニーは限りなくゴスペルチックなのだ。

シンプルでノリノリのファンキー・フュージョンなバンドが、手厚いアレンジを施されてポップさが増したところが減点対象か。でも、スタッフのファンの僕にとっては、このポップさも余り悪いものとは感じないので、僕としては、このアルバムも好きです。まあ、好きなモノは、多少のミスマッチはあっても好きは好き。「あばたもえくぼ」。惚れたもんの弱みですね(笑)。

 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。
 
Fight_3
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« チェットのペットを満喫する | トップページ | スティーブ・ジョブズ逝去(悲) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと可愛そうな「Stuff盤」:

« チェットのペットを満喫する | トップページ | スティーブ・ジョブズ逝去(悲) »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー