最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・2 | トップページ | 遅まきながら「Forever Begins」 »

2011年10月23日 (日曜日)

ジャズ喫茶で流したい・30

なかなか魅惑的な「脚線美の誘惑」ジャケットは、ラリー・フラー・トリオの『イージー・ウォーカー(Easy Walker)』(写真左)。このジャケット写真だけでも「ジャズ喫茶で流したい」(笑)。

このCDのオリジナル・ジャケットはヌードであった(写真左)。可愛いお尻にスラリと伸びた生足。でも、不思議といやらしさが無いのが、このジャケットの秀逸なところである。CDジャケットサイズで、この迫力なのだから、LPサイズだったら、さぞかし話題を呼んだろうな。
 
それが現在のジャケットは、ビーナス・レーベルもどきのあからさまなセミヌード(写真右)。これはちょっと違いますね〜。オリジナルの脚線美デザインはいやらしさが微塵も無い。デザイン的にも秀逸な、趣味の良いエロティシズム。でも、今のジャケットって、ちょっと趣味の悪いエロティシズムが漂います。誰だ、こんな凡百なジャケットに差し替えたのは・・・。

さて、この魅惑的なジャケットの話は置いておいて(笑)、このアルバム、音が良いと言う事、そして、品の良いスタンダード集として、密かな人気をキープしているピアノ・トリオ盤である。1998年8月の録音。ちなみにパーソネルは、Larry Fuller (p), Ray Brown (b), Jeff Hamilton (ds)。

まずベースはレイ・ブラウンの音がすごく良い。締まり過ぎずダブつかず全音域がしっかりとしていて、気持ちの良いベース音が録音されている。ピアノやドラムスに埋もれず、ベースの音が、はっきりと聴き取れるのだ。聴いていて気持ちの良いベース。いや~、これだけでも、このアルバムはグッド。
 
次に、ジェフ・ハミルトンのドラムス。とにかくバランスが良い。スティックの「木」の音がしっかりと聴こえる。タムタムの存在感も良し。ハイハットの音も 生々しい。量感も質感も十分。しかも、ドラマーのジェフ・ハミルトンは名手。その確かなテクニックは、素晴らしいバッキングを供給する。文句無し。
 
Easy_walker
 
ラリー・フラーのピアノは、思わずため息を漏らしてしまうほど端正で、かつピアノらしい魅力的な響き。ブルース調の濃い左手、サラリと粘る右手。コクのある、濃~い、陰影と粘りのあるピアノ。しかし、過度にファンキーでは無く、過度に粘りは無い。
 
ラリー・フラーの活躍の拠点が米国西海岸というのと、ラリー・フラーが白人であるということ。白人ながらのサラリとした黒っぽい感覚というところが、ラリー・フラーのピアノの特徴。逆に、このサラリとした黒っぽさがバラード調に映える。ラリー・フラーのそんな個性は、6曲目の大スタンダード曲のひとつ「キャラバン」のピアノ・ソロで堪能出来る。

良いアルバムです。皆さん、この濃~い演奏、濃~い録音のピアノ・トリオ盤を心からお楽しみ下さい。 ピアノ、ベース、ドラムと3者3様に名手揃い。非常に趣味の良いピアノ・トリオ盤となっています。加えて、全編に判って音が良い。出来れば良い再生装置で聴きたい盤です。

しかし、このアルバム、気持ちよい音で、かつ素晴らしい内容でありながら、なぜ、オリジナルのアルバム・デザインが、ヌードのお尻とスラリと伸びた生足なのか、どうも判らない(笑)。まあタイトルが「Easy Walker」だから、すらりと伸びた生足なんでしょうかね。
 
でも、このオリジナルのCDジャケットのデザインは良い。できる限りオリジナルのデザインがお勧めです。噂によると、生足もセミヌードもあったもんじゃない、フラーの白黒写真を貼り付けただけの粗悪なジャケットのバージョンもあるそうですが、そんなの言語道断でしょう(笑)。 
 
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« こんなアルバムあったんや・2 | トップページ | 遅まきながら「Forever Begins」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/42648524

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・30:

« こんなアルバムあったんや・2 | トップページ | 遅まきながら「Forever Begins」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ