最近のトラックバック

« う〜ん、どうしたもんかなあ | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その7 »

2011年9月17日 (土曜日)

芸術的で美しいテナーの最高峰

希有の天才テナー奏者、Stan Getz(スタン・ゲッツ)の遺作『People Time』の完全版。正式なタイトルは、Stan Getz & Kenny Barron 『People Time - The Complete Recordings』(写真左)。1991年3月3日から6日。デンマークはコペンハーゲンの「Jazzhus Montmartre」でのライブ録音。

以前は、この『People Time』はCD2枚組。コペンハーゲンの「Jazzhus Montmartre」のライブ録音からピックアップされたものだった。ちなみに、この『People Time』は、スタン・ゲッツの生涯の最高傑作。このCD2枚組でも、スタン・ゲッツのテナー・ブロウの凄さが体験できた。

しかし、今回、このCD7枚組のボックス盤にて、1991年3月3日から6日。デンマークはコペンハーゲンの「Jazzhus Montmartre」でのライブ録音のほぼ全てを体験できることとなった。

ジャズは即興演奏が基本の演奏形態が故、演奏それぞれに「当たり外れ」が発生する。特にライブではそうだ。

通常、ライブ・アルバムの収録曲については、できる限り、ライブ演奏の全てについて録音テープを回しておき、後で聴き直しながら、その「当たり外れ」を判定して、「当たり」のライブ演奏をチョイスして、ライブアルバム化する。
 

People_time

 
つまりは、ライブ録音のマスターテープには、「当たり」と「外れ」の演奏がごった煮で入っていて、マスターテープの全てをアルバム化することは、そのミュージシャンを深く知る上での「資料」としての価値はあるが、演奏の「外れ」の部分は敢えて通常のジャズ者の方々には不要のもの、という考え方が通例。

しかし、このPeople Time - The Complete Recordings』には「外れ」の演奏が無い。どれもが最高の演奏がズラリと並んでいる。このライブ盤については、どの演奏がそれぞれ、どうこうと言うのは、激しく野暮な行為に値する。どれもが素晴らしい演奏なのだ。これは奇跡に近い、ジャズ界の中でも希なこと。

このスタン・ゲッツの遺作となったライブ盤は、スタン・ゲッツのテナー奏者としての大変優れた能力を再認識すると共に、伴奏者である、ピアノのケニー・バロンの決定的名演を捉えたライブ盤だと言える。

もっと言ってしまうと、ジャズという即興演奏が基本の演奏形態において、テナー・サックスとピアノの、それぞれの演奏の美しさと高いアーティスティック性を捉えた、素晴らしい内容のライブ盤である。少なくとも、テナーとピアノのデュオという演奏フォーマットにおいては、この『People Time - The Complete Recordings』の内容を超えるデュオ演奏は、暫く無いだろう。

このCD7枚組のボックス盤は、全てのジャズ者の方々に、一度は聴いていただきたい内容です。ジャズの美しさ、ジャズの高い芸術性がギッシリと詰まっています。聴けば判る。ジャズ・テナーがこんなにも美しく優しい音色を出し続けるパフォーマンスの記録。素晴らしいライブ盤です。

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« う〜ん、どうしたもんかなあ | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/41778300

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術的で美しいテナーの最高峰:

« う〜ん、どうしたもんかなあ | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その7 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ