« 1973年のエレ・マイルス | トップページ | 歌伴上手は「一流」の証 »

2011年9月27日 (火曜日)

ジャンル不詳のバンドである

Tower of Powerは、70年代初頭のオークランドをベースにしたさまざまなバンドで構成された、ロック・ホーン・バンド、若しくはR&Bのバンド。カリフォルニア州オークランドで結成しその後活動の拠点をサンフランシスコに移し、1970年にデビューなので、西海岸ロックの範疇に入る。

しかし、ロックというには、ちょっと違うなあ。ファンクネス溢れるリズム&ビート、輝かしいばかりのブラスの響き、R&Bとファンキー・ジャズとソウル・ミュージックなどが「ごった煮」になった、ファンク・クロスオーバーな音楽性。独特である。

日本ではジャンル不詳のバンドとして、レコード屋では、ある時は「R&B」、ある時は「ソウル」、ある時は「ロック」、ある時は「ブラコン」、ある時は「ジャズ」と、Tower of Powerは様々な音楽ジャンルにたらい回しにされた不幸なバンドである。でも、確かに、特定のジャンルには納め難い、多様な音楽性を誇るTower of Powerではある。

そのTower of Powerの代表的名盤の中で、僕のお気に入りが『Back to Oakland』(2010年6月23日のブログ参照・左をクリック)と『Urban Renewal』(写真左)。
 

Urban_renewal

 
この『Urban Renewal』でのTower of Powerは成熟の極みに達している。実に趣味の良い、適度なファンクネスを湛えた良質なブラス・ファンク・フュージョンとなっている。

この音は聴いていただくのが一番なんだが、実に個性的である。ファンキー、ブラス、ソウル、ジャズ、ロック、それぞれの音楽の要素がごった煮になった個性は唯一無二。Tower of Powerならではのものである。

このアルバムでも、インスト・ナンバーが秀逸。ラストの「Walkin' Up Hip Street」。素晴らしいファンクネス。輝かしいブラスの響き。うねるようなリズム&ビート。切れ味抜群のギターのカッティング。ジャジーであり、ファンキーであり、ソウルフルである。

ボーカル入りの曲もどれもが素晴らしい。特に、7曲目の「Willing to Learn」は極上のバラード。メロディ的にキャッチな曲が魅力的。ストリングスの使い方も上手く抑制されていて趣味が良い。実に説得力のある名唱である。

いや〜、Tower of Powerって本当に良い。ブラス・ロック+R&B+クロスオーバー=Tower of Power。Tower of Powerって、その音楽性が楽しい。 

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« 1973年のエレ・マイルス | トップページ | 歌伴上手は「一流」の証 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンル不詳のバンドである:

« 1973年のエレ・マイルス | トップページ | 歌伴上手は「一流」の証 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー