« オールマンズ『熱風』ライブ | トップページ | Soft Machineの『Softs』 »

2011年8月22日 (月曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その4

今日は、Stan Getz & Joao Gilbertoの『Getz & Gilberto, #2』(写真左)。タイトルからして、『Getz & Gilberto』(2008年7月5日のブログ参照・左をクリック)の続編か、アウトテイク集かと思いきや、ジャケットをよく見ると「RECORDED LIVE AT CARNEGIE HALL」とある。

そう、1964年10月9日カーネギーホールでのライブ盤です。ボサノバ・ジャズで大ブレイクした、テナー奏者スタン・ゲッツのピアノレス・カルテットと、ジョアン・ジルベルトとアストラッド・ジルベルトとの共演の2本立て。

ちなみにパーソネルは、スタン・ゲッツのピアノレス・カルテット = Stan Getz (ts) Gary Burton (vib) Gene Cherico (b) Joe Hunt (ds)。ジョアン・ジルベルトとの共演 = Stan Getz (ts) Gary Burton (vib) Joao Gilberto (g, vo) Gene Cherico (b) Joe Hunt (ds) Astrud Gilberto (vo)。

ピアノレス・カルテットとボサノバ・ジャズのカップリングなんで、安易な企画ライブ盤かと思いきや、どちらの演奏もなかなかの内容で聴かせてくれます。意外と、おまけの様なスタン・ゲッツのピアノレス・カルテットの演奏が、実に純ジャズしていて、良い内容です。

特に、硬質なクリスタルな音色で、印象的な和音が特徴のヴァイブはどっかで聴いたことが、と思ってパーソネルを見たら、若き日のゲイリー・バートンでした。納得。

主役のテナー、スタン・ゲッツも充実した演奏を繰り広げていて、ボサノバを題材としていない、ジャズ・スタンダード曲中心の演奏なんですが、その囁くような掠れるような音色は、なんだか、意識せずに聴いていると、ボサノバ・ジャズのような響きに聴こえて、純ジャズの結構ハードな内容ながら、耳に心地良いのが面白い。
 
Getz_gilberto_2
 
5曲目「Samba Da Minha Terra」より、ボサノバ・ジャズのコーナーとなり、ジョアン・ジルベルトとアストラッド・ジルベルトが順番にフィーチャーされます。この頃は二人は夫婦だったんですよね。曲の合間のジョアンのMCのなかなか真摯で好感が持てます。特に、当時の細君のアストラッドが出てきてからのジョアンのMCは、ちょっと照れが入って微笑ましいです。

というのも、このライブ盤、曲間のMCもしっかりと収録していて、ライブ感抜群です。良いステレオ装置で、音量を上げて聴いていると、1964年10月9日のカーネギーホールのライブに立ち会っているような錯覚に陥ります。ジャズのライブ盤で、ここまで曲の間のMCを収録しているライブ盤は珍しいのですが、当時のライブの良い雰囲気が伝わってきます。

さすが、スタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトとの共演の演奏は秀逸です。ライブ音源だけに、躍動感と緊張感が心地良い。ゲッツもジョアンも、アドリブの展開には、一発勝負的な気合いと意気込みがひしひしと感じられます。良い演奏です。

そして、アストラッド・ジルベルトのヘタウマでアンニュイな歌声が堪らない。決して、歌い手としてテクニックがあるとは思えない、アストラッドの歌ですが、その「揺らぎ」が良いんですね。乾いたセクシーさとでも言ったら良いのか、ボサノバの歌い手として、素晴らしい資質だと思います。

アルバム・タイトルに「#2」とあるので、二番煎じというか、安易な続編かと思って、タイトルを見ただけでは、ちょっと興ざめしてしまいそうな感じですが、どうして、その内容はなかなかのものがあります。カーネギー・ホールでのライブ盤。当時流行のボサノバ・ジャズと硬派な純ジャズを収録。いづれも夏の終わりにピッタリの、優しい雰囲気に惚れ惚れです。
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« オールマンズ『熱風』ライブ | トップページ | Soft Machineの『Softs』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その4:

« オールマンズ『熱風』ライブ | トップページ | Soft Machineの『Softs』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー