最近のトラックバック

« デスモンドのアルトは夏にも合う | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・28 »

2011年8月11日 (木曜日)

フュージョンは進化している

Al Di Meolaの新作『Pursuit of Radical Rhapsody』(写真左)を聴いていると、まだまだ、フュージョン・ジャズは健在、フュージョン・ジャズは進化しているなぁと感じる。時代の徒花などと揶揄する向きもあるが、とんでもない。フュージョン・ジャズは不滅である。

『Pursuit of Radical Rhapsody』は、Al Di Meola(アル・ディ・メオラ)の現時点での最新作。正式なアルバムの名義は、Al DiMeola World Sinfona。Al DiMeola World Sinfonaのサウンドは、タンゴや民族音楽的な要素を散りばめた、ワールド・ミュージック的な雰囲気が特徴。しかし、この新作では、ワールド・ミュージック的要素は少し後退し、フュージョン的要素が強いエレクトリック主体の演奏が帰ってきた。

「帰ってきた」というのも、僕は、1970年代から1980年代初頭の、エレクトリック主体のフュージョン・ジャズどっぷりのディ・メオラが大のお気に入り。超絶技巧なエレクトリック・ギターが、それはそれは爽快で、それはそれは豪快で、それはそれは素晴らしい、完璧なまでのエレクトリック・フュージョン・ジャズ。ジャズ者初心者の時代、結構、良く聴いたなあ。

しかし、1980年代、デジタル録音の時代、リズム&ビートは打ち込みが流行った「軽薄短小の時代」。ディ・メオラのフュージョンは、かなり「デジタル臭く」なって、演奏全体が無機質な雰囲気になって、一気に僕はディ・メオラから遠のいた。
 
Pursuit_of_rr
 
しかし、21世紀に入ってから、徐々に、ディ・メオラはアナログチックでマイルドな音を取り戻しつつ、ワールド・ミュージック的要素を取り入れて、1970年代から1980年代初頭のエレクトリック主体のフュージョン・ジャズに回帰してきた。

そして、今回、この『Pursuit of Radical Rhapsody』である。アルバム全体に渡って、とても丁寧に音作りがなされていて、細部に渡るまで、しっかりケアが行き届いていて、聴き応え十分。聴き心地も良く、これが今のディ・メオラの狙いなのだろう。タンゴや民族音楽的な要素も効果的に配されており、クールで上質なエレクトリック・フュージョン・ジャズの佳作に仕上がっている。

雑誌のインタビューでは「チックとのReturn To Foreverは過去のもの」と言い切っているが、この新作でのアレンジ的なアプローチは、チックとの第2期Return To Foreverそのものなんだけどなあ。チックのキーボードをディ・メオラのエレギに置き換えて、大々的にディ・メオラのエレギをフューチャーすれば、そしてスパニッシュな要素を、タンゴや民族音楽的な要素に置き換えれば・・・ねっ。

良いアルバムだと思います。柔らかでメロディアスでありながら、そこはかとなく、しっかりとリズム&ビートを効かせたクールな演奏はなかなか雰囲気があって良いですね。ディ・メオラのギターも、円熟味が増し、超絶技巧なテクニックが全く耳につかなくなって、爽快感抜群、切れ味抜群、唯一無二なフュージョン・ギターの弾きまくり。近年のディ・メオラの傑作でしょう。 
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« デスモンドのアルトは夏にも合う | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・28 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/41172636

この記事へのトラックバック一覧です: フュージョンは進化している:

« デスモンドのアルトは夏にも合う | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・28 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ