最近のトラックバック

« 70年代のロンは評価が難しい | トップページ | 良い音になって得した気分 »

2011年8月 4日 (木曜日)

フロント楽器への大慰労大会

チック・コリアは、様々な「音の引き出し」を持っている。カメレオンとか節操が無いとか揶揄されるが、それぞれの「音の引き出し」で、水準以上の内容を必ず出し、必ず期待以上の成果を上げる。これはチックの才能に成せる技であり、それがチックのファンにとっては堪えられない訳だから仕方ない(笑)。

Chick Corea Elektric Band(CCEB)の4作目『Inside Out』(写真左)。チック・コリアは、エレクトリック・バンドでも、様々な「音の引き出し」を披露してきた。第1作目は「完全なエレクトリック・バンド」、第2作目は「ちょっと無理しているエレ・ファンク・バンド」、3作目は「純ジャズ・テイストなコンテンポラリー・ジャズ」。

そして、この第4作目は「時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズ」。1990年の録音。ちなみにパーソネルは、Eric Marienthal (sax) Chick Corea (p, syn) Frank Gambale (g) John Patitucci (el-b) Dave Weckl (ds)。

時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズは、パティトゥッチのベースとウェックルのドラムで供給されるリズム&ビートが基本。バッシバシと切れ味鋭い、デジタルチックな縦ノリのビートを供給する、このリズム・セクションは強烈。痛快極まりない。

その強烈なリズム&ビートに乗って、フロント楽器を司るマリエンサルのサックスとギャンバレのギターが疾走する。そう、このCCEBの第4作目『Inside Out』は、このマリエンサルのサックスとギャンバレのギターを大々的にフィーチャーしている。
 
Inside_out
 
いやいや、マリエンサルはブワーッと吹き上げるわ、ギャンバレはギャンギャン弾きまくるわ、CCEBのフロント楽器への大慰労大会である。

チック御大は、パティトゥッチのベースとウェックルのドラムで供給されるリズム&ビートに混じって、ニコニコしながら、フロントの活躍を見守っているが、要所要所で、さりげなく生ピアノを弾きまくっています。
 
結構な高速弾き回しで、ちょっとアブストラクトな響きもあって、なかなか凄いです。通常は一歩引いて演奏を見守っているが、時々、思いついたように要所要所でさり気なく弾きまくるって、なんだかマイルスみたい。

かなりの水準を行く「時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズ」で、さすがはチックというところでしょう。
 
でも、このアルバムでは、チックは裏方に徹していて(フロント楽器への大慰労大会だからね)、チックの個性というのは、あまり露わになってはいません。アルバム全体のコンセプトに則って、しっかりと裏方に回って、バックを支えるチック。なかなか出来ることではありません。懐が深いなあ。

ということで、このアルバムは、チック者(チックのファン)の方々には一度は聴いて欲しいアルバムですが、一般のジャズ者の方々には「是非とも」という類のアルバムではありません。あしからず(笑)。
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« 70年代のロンは評価が難しい | トップページ | 良い音になって得した気分 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/41081263

この記事へのトラックバック一覧です: フロント楽器への大慰労大会:

« 70年代のロンは評価が難しい | トップページ | 良い音になって得した気分 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ