最近のトラックバック

« The Concert for Bangladesh | トップページ | ディスコの「エレ・ハービー」 »

2011年8月 1日 (月曜日)

ケニー・ドーハムの好演盤です

絵に書いたようなハードバップを聴くと、やっぱりジャズの基本はハードバップだなあ、と感じる。このハードバップを起点に、様々なバリエーションのスタイルや奏法が考え出されて、今に至っている。ハードバップはジャズの王道。裾野も広く、アルバムも沢山あって、全く飽きることが無い。

Kenny Dorham『Jazz Contrasts』(写真左)。何気ないハードバップ盤なんだが、これが良い。ちなみにパーソネルは、Kenny Dorham (tp) Sonny Rollins (ts) Hank Jones (p) Oscar Pettiford (b) Max Roach (ds) Betty Glamann (harp) 。1957年5月の録音になる。

ケニーは損をしている。ジャズの入門本やジャズ盤の紹介本で、『静かなるケニー』ばかりが紹介されるので、中音域中心の、ちょっと緩やかで叙情的な、ミッドテンポなトランペットばかりがクローズアップされている。もともとハードバッパーなケニーなのに、なんだかムードミュージックを奏でるトランペッターみたいな扱いをされて、それはそれは気の毒である。

しかし、この『Jazz Contrasts』のケニーは素晴らしい。ハードバッパーの面目躍如である。このアルバムのケニーこそが本当のケニーだと僕は思う。

ケニーのトランペットは角が丸い。よって、確かに中音域中心のソロにその真価を発揮する。しかし、ロングトーンがちょっと苦手。音がスーッと伸びずに「ふらつく」ことしばしば(笑)。これがケニーにとって損なところ。速いパッセージはかなりのテクニックを見せる。でも、同じ世代に活躍していた、クリフォード・ブラウンやマイルス・デイヴィス、リー・モーガンなどに比べると、確かにテクニックは劣る。それでも、中音域中心のちょっと危なっかしいソロは、ジャズの世界においては「アリ」で、なかなかに魅力的だ。
 
Jazz_contrast
 
この『Jazz Contrasts』では、そのケニーのトランペットが堪能出来る。このアルバムでは、ケニーはバリバリに吹きまくっている。冒頭の「Falling In Love With Love」では、ケニー独特の「中音域中心のちょっと危なっかしいソロ」が堪能できる。これが「ヘタウマ」でなかなか味のある展開になっている。

2曲目の「I'll Remember April」では、速いパッセージでの、なかなかのテクニックが聴ける。いや〜、上手い上手い。丸い音で速いパッセージを吹ききる。速いパッセージでは揺らぎが無い。スパッと吹ききる潔さ。ハードバッパーの証である。

サイドメンも好演。テナー・サックスにはソニー・ロリンズ。ベースにはオスカー・ペティフォード。ドラムにはマックス・ローチ。そして、ピアノにはいぶし銀ピアノ、ハンク・ジョーンズ。

この頃のロリンズは、サイドメンに回ったほうが伸び伸び吹いている。良い感じのロリンズ。さすが天才サックス奏者である。そして、ハンク・ジョーンズのピアノが優雅で渋くて、とても良い。このアルバムでのハンクのピアノは聴きものだ。そして、ドラムのマックス・ローチは相変わらずの優れたテクニックで叩きまくる。必ず、ロング・ソロがあるのが「ご愛嬌」。

3曲目「Larue」、4曲目「My Old Flame」、5曲目「But Beautiful」には、ベティ・グラマンのハープが加わる。なぜ、この完璧なまでのハードバップ・セッションにハープが加わるのか。記録によると、リーダーのケニー・ドーハムの発案らしいので、これはこれで「ご愛嬌」。

良いアルバムです。ケニー・ドーハムの入門盤としても最適です。絵に書いたようなハードバップを聴くと、やっぱりジャズの基本はハードバップだなあ、と感じる。ハードバップは奥が深い。そして、水準以上のアルバムは、どのアルバムを聴いても楽しい。
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« The Concert for Bangladesh | トップページ | ディスコの「エレ・ハービー」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/41042026

この記事へのトラックバック一覧です: ケニー・ドーハムの好演盤です:

« The Concert for Bangladesh | トップページ | ディスコの「エレ・ハービー」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ