« フロント楽器への大慰労大会 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その1 »

2011年8月 8日 (月曜日)

良い音になって得した気分

暑さなどに惑わされず、さあ、めくるめく音楽の世界、ジャズの世界に再び足を踏み入れる。先週の金曜日から土曜日の2日間、久しぶりに音楽を聴かなかったからなあ。

さて、今日は「Return to Forever」の話題。今年の7月、いきなり、ボックス盤『Complete Columbia Albums Collection』(写真右)がリリースされた。Columbiaに残した全3作品「Romantic Warrior」「Musicmagic」「The Complete Concert」を紙ジャケ仕様にてBoxに封入。

まあ、米国Columbiaの仕業なので、紙ジャケ仕様とは言え、日本製の紙ジャケに比べれば、かなりチープなもの。まあこれはこれで諦めるとして、このボックスセット、僕にとって何が素晴らしいかと言えば、「The Complete Concert」が「LP仕様のほぼ再現」のCD3枚組仕様にて同梱されていること。これについては、また後日、このブログでレポートしたい。 

今日は『Musicmagic』(写真左)の話題。もともとは、1977年2月の録音。内容的には、レコード会社との契約のための作品とか言われているが、このアルバムはこのアルバムで、なかなか味のある仕上がりになっている。

全体の雰囲気は、チック仕様のAORフュージョンと、チック仕様のビッグバンド・フュージョンの「まぜこぜ」。男性・女性ボーカルをあしらって、なかなかにソフト&メロウなAORフュージョンは、なかなかの雰囲気。
 

Musicmagic

 
でも、面白いのは、徹底的にソフト&メロウなAORフュージョンにはなっていないところ。しっかりとジャズのテイストが底に漂っているところが、さすが、チックらしいところ。

逆に、チック仕様のビッグバンド・フュージョンの楽曲は、それはもうチックの独壇場。チックのアレンジャー&コンポーザーの才能全開である。もう完全にチックの十八番の世界。特に「So Long Mickey Mouse」などは素晴らしいの一言。しかし、これって、Return to Foreverとしてやらなくても良い位、チックの個性バリバリの演奏である。

Return to Foreverとしてのスタジオ録音はこれが最後。確かに、Return to Foreverとしてやりたいことは前作の『Romantic Warrior』でやり尽くしている。しかし、この『Musicmagic』では、Return to Foreverとしての「伸びしろ」を提示してくれている。Return to Foreverはこれで終わりでは無い。まだまだ先がある。この『Musicmagic』はそれを証明している。

最後に、思わぬサプライズ。この『Complete Columbia Albums Collection』の『Musicmagic』は、リマスターから取り残された当アルバムの音質を飛躍的に向上させている。クレジットが見当たらないが、恐らく、リマスターした結果かと思う。本当のところは判らないが、明らかに、きめ細かさ・見通し・抜けが格段に改善されている。

良い音の『Musicmagic』。これが実に良い。聴き応え十分。フフフッ。得した気分である。 

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« フロント楽器への大慰労大会 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い音になって得した気分:

« フロント楽器への大慰労大会 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その1 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー