« 残暑を乗り切る必須アイテム | トップページ | オールマンズ『熱風』ライブ »

2011年8月20日 (土曜日)

オールマンズ 『at Fillmore East』

若い方々は「オールマン・ブラザース・バンド(The Allman Brothers Band・以降オールマンズと略す)」というバンド名や、デュアン・オールマン(Duane Allman)という天才ギタリストの名前は、全く、耳にしたことが無いと思う。

が、この文章をお読みのロック好きの方々は一度で良い、このライブ盤を耳にして欲しい。このアルバムには打ち込みは全く無し、PCなど存在しない時代の、人間が演奏するロックの古き良き姿がここにある。音は全てアナログ。音は野太く、美しく、そして、耳に優しい。

The Allman Brothers Band『The Allman Brothers at Fillmore East』(写真左)。1971年3月12〜13日、NYのFillmore Eastでのライブ録音。アルバムとしては、1971年7月のリリース。今では、コンプリード盤を始めとして、様々な編集のアルバムが出ているが、やぱり一番想いが入るのは、オリジナル盤の編集でしょう。確認の為に、収録曲を以下に並べておきます(LP時代の編集です)。

【Side One】
 1.Statesboro Blues
 2.Done Somebody Wrong
 3.Stormy Monday
【Side Two】
 1.You Don't Love Me
【Side Three】
 1.Hot 'Lanta
 2.In Memory of Elizabeth Reed
【Side Four】
 1.Whipping Post

このライブ盤は、ロック史上、屈指の傑作である。これほど、内容に富み、テクニック抜群、演奏も完璧、音も良く、アルバムとしての編集も良し、と非の打ち所の無いライブ盤はなかなか無い。 

このバンドのリーダーであり、天才ギタリストであるデュアン・オールマンの無骨で迫力のある、野太いスライドギターが鳴り響く。ボトルネック奏法の好きな方は必聴です。スライドギターの迫力ある「くすんだ」音と、アメリカ南部のブルースに付き物のブルージーなハーモニカがユニゾンする。

全編、無骨に雄々しく、グイグイ押すかと思いきや、3曲目の「Stormy Monday」が渋い。ジャズ・ミュージシャンも取り上げるこの曲を、オールマンズは落ち着いたスローテンポのシブいブルース調で攻める。これが単純なロック野郎の演奏との違い。ワイルドな演奏から来る印象を覆す、なかなかにオールマンズはインテリジェンスがある。うう〜ん、渋い。

Allmans_fillmore_east

Side Threeの「Hot 'Lanta」からは、ジャムセッション調の迫力あるアドリブが売りの名曲が並ぶ。「Hot 'Lanta」はオルガンの出だしから、ギターのユニゾンへ、その展開がぞくぞくする。「In Memory of Elizabeth Reed」は、ディキー・ベッツとデュアンのツイン・リードギターのアドリブの応酬。ダブルドラムの躍動感溢れる、沸き立つようなリズム。ブルージーでゴスペルチックなグレッグ・オールマンのオルガン。サザンロックの真髄が目一杯詰まっている。

そして、心底感心するのは、ワイルドにグイグイ押せ押せの演奏、長いレンジのアドリブの応酬にも拘わらず、演奏の乱れがほとんど無いこと。凄い演奏テクニックだと思います。バンドとしてのライブ演奏の完成度が非常に高い。この初代オールマンズが「伝説のライブバンド」と呼ばれる所以です。

ちなみに、私が、オールマンズにのめり込むきっかけとなったのは、デレク・アンド・ドミノスの名盤『Layla and Other Assorted Love Songs』で、デュアン・オールマンのギターを体験したことです。初めて聴いた時はビックリした。聴き込むにつけ、クラプトンのギターがどんどん霞んでいたことを覚えている。これ誰だ・・・って思った。

そういう人って結構多いのではないでしょうか? あのタメのきいた、糸を引くような独特のスライド・プレイはやはり一度聴いたら耳から離れませんよね。

そして、当時、高校時代の先輩に教えを請うて、貸して貰った最初のオールマンズのアルバムが『The Allman Brothers at Fillmore East』。家に帰って、ターンテーブルに載せて、針を降ろして、出てきた音が、野太いスライドギターの迫力ある「くすんだ」音と、アメリカ南部のブルースに付き物のブルージーなハーモニカ。余りに凄い演奏と迫力に、ひっくり返りました(笑)。

しかし、このライブの後、このオールマンズに不幸が訪れる。デュアンのギターを全編堪能できるアルバムは、このアルバムが最後になるのだった。次作アルバム『Eat A Peach』の制作中に、デュアンはバイク事故で他界する。

このライブ盤が残っていて良かった。デュアンのギター・パフォーマンスが、ライブ盤という「記録」で残っていて良かった。僕たちは、このライブ盤がある限り、いつでもどこでも、デュアンのギター・パフォーマンスを堪能できる。初代オールマンズのライブ演奏を堪能できる。幸せなことである。

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« 残暑を乗り切る必須アイテム | トップページ | オールマンズ『熱風』ライブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールマンズ 『at Fillmore East』:

« 残暑を乗り切る必須アイテム | トップページ | オールマンズ『熱風』ライブ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー