最近のトラックバック

« ジャズの中の「ハーモニカ」の存在 | トップページ | 酷暑を忘れさせてくれる爽快感 »

2011年8月16日 (火曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その2

暑いなぁ。絵に描いた様な「酷暑」である。これだけ暑いと、完璧に、ボサノバ・ジャズに走る。アントニオ・カルロス・ジョビン(Antônio Carlos Jobim)の諸作に涼を求める。

アントニオ・カルロス・ジョビンと言えば『Wave』(写真左)なんか、良い感じだ。週末には、少し暑さが和らぐらしいので、それまで我慢我慢。

アントニオ・カルロス・ジョビンといえば、「ブラジルの演歌」的位置づけのボサノバを、世界に知らしめ、1つの音楽ジャンルまでに高めた大家で、1960年代には、テナーのスタン・ゲッツと組んで、ボサノバ・ジャズの名盤をいくつか世に出したり、とにかく、「ボサノバ」というジャンルを語る上で、必ず、出てくる名前だ。

そのアントニオ・カルロス・ジョビンが、フュージョンの流行の中で、フュージョン・ジャンルのプロデューサーの鬼才、クリード・テイラーのもとで思いのままに作った「フュージョン・ボサノバ」的な名盤が、この『Wave』。

CDプレーヤーのスタートスイッチを押したとたん、スピーカーから流れてくるのは、フュージョンのフォーマットにのった、それは素敵なライトジャズ。実に「ライトなジャズ」という表現が、まさに言い得て妙で、それでいて、ベースとドラムというリズムセクションが、実に重厚かつ確実なビートを刻んでいるので、あくまで、この雰囲気は「ジャズ」であって決して、安易な「イージーリスニング」ではない。

Wave

曲が進むと、今度は、ストリングスに乗った、ゴージャスなライトジャズに早変わり。しかしながら、ストリングスが決して前に出ることなく、あくまでジョビンを中心とした「ボサノバ・ジャズ」が主役。プロデューサーの鬼才クリード・テイラーの面目躍如。このアルバムは、クリード・テイラーの代表作としても評価されるべきもの。

まあ、小難しいことはともかくとして、暑い夏の、厳しい残暑のなか、シリアスで求道的なジャズから、ちょっと離れて、このアルバムのような「ライトでお洒落なジャズ」に涼を求めるのも一興じゃないでしょうか。

今から10年以上前。2000年の頃だったか、米国に出張した折、サンフランシスコのバージンレコードで、見つけた「ボサノバ・ジャズ」の名盤。
 
当時は、時折、日本で再発されても、常時、CDショップでストックされているアルバムでは無く、ちょっと油断している隙に、CDショップの店頭から姿を消してしまって、悔しい思いをしばしばした経験があっただけに、実に嬉しい「掘り出しもの」だった。

今では、流通在庫としてストックもあり、中古盤としてもストックがあり、ダウンロードサイトでもダウロード出来たりと、入手にことかかかない、とても良い環境になった。ジャズの佳作というものは、常時、思い立ったら入手出来る環境であるべき、と常々思っている。そういう意味では、ダウンロード・サイトの存在は心強い。良い時代になったものだ。

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« ジャズの中の「ハーモニカ」の存在 | トップページ | 酷暑を忘れさせてくれる爽快感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/41234283

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その2:

« ジャズの中の「ハーモニカ」の存在 | トップページ | 酷暑を忘れさせてくれる爽快感 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ