最近のトラックバック

« フリーの「1st.アルバム」 | トップページ | 熱気溢れるジャズで爽快感 »

2011年7月10日 (日曜日)

マーキュリー時代の力業的な佳作

ロッド・スチュワートが、実のところ、やりたい音楽を好きなだけやり尽くしたファースト・アルバム『An Old raincoat Won't Ever Let You Down』。しかし、セールスはふるわなかった。全米139位。

セカンド・アルバムについては、やはりロッドは売りたいと思った。売れたいと思った。そう解釈せざるをえないほど、キャッチャーな内容に大変身した、ロッド・スチュワートのソロ・セカンド・アルバム『Gasoline Alley』(写真左)。トラディショナル・フォークやブルースに傾倒した音楽性をそのままに、聴き易くキャッチーに仕立て直したロッドの傑作。1970年のリリース。

冒頭のタイトル曲「Gasoline Alley」を聴けば良く判る。音の響きが、なんとなく郷愁をそそる。アイリッシュ的な雰囲気というか、スコットランドのフォーキーな雰囲気というか、とにかく英国のトラッド・フォークな雰囲気がそこはかとなくする。これが英国人の心の中の音楽的郷愁を刺激する。

これが功を奏したか、全英62位・全米27位。全英62位はちょっと不満だったろう。しかし、渡米したピルグリム・ファーザースの末裔の英国人の心を刺激したのか、全米27位は大躍進。おそらく、アルバムを「売る」ということについては、ロッドは、このアルバムで「コツ」を掴んだに違いない。次のサード・ソロ・アルバムで大躍進を遂げることになるのだが、それについてはまだ後日。
 
Gasoline_alley
 
土臭いフォーク・ロックがロッドには良く似合う。ロッドの好みはR&Bであることは良く判るし、R&Bを歌うロッドは実に魅力的ではあるが、R&Bはアフリカン・アメリカンの血が成せる音楽ジャンル。所詮、ロッドはそのカバーに過ぎない。しかし、英国のトラッド・フォークをベースにしたフォーク・ロックは自家薬籠なもの。R&Bの泥臭さを掛け合わせた英国のトラッド・フォーク・ロックは、ロッド・スチュワートの最大の個性になった。

この『Gasoline Alley』は、ロッドのディスコグラフィーでは、ロッドのマーキュリー時代の最高作とされる。しかしなあ・・・。全英62位・全米27位というチャート・ランキングが物語るように、まだまだ大衆性という部分で課題をはらんでいる。

僕は、ロック入門本でよく語られるような、この『Gasoline Alley』は、ロッドのマーキュリー時代の最高作である、という意見には異論がある。どうしても強引さが見え隠れするところがねえ。しかし、内容的にはなかなかの内容なので、所謂、力業的な佳作だと思います。

いろいろと違和感は残るが、力でねじ伏せたような、ロッドの力業を感じる事ができるアルバムです。もう少し自然で円やかな表現にならないか。それは次作、サードアルバムで、ロッドはさらりと実現してしまいます。
 
ちなみに、アルバム・ジャケットのデザインは2種類あります。写真左は「米国盤仕様」、写真右は「英国盤仕様」。昔から日本で馴染みがあるのは「米国盤仕様」。個人的にデザインが好きなのは「英国盤仕様」です。 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« フリーの「1st.アルバム」 | トップページ | 熱気溢れるジャズで爽快感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40757550

この記事へのトラックバック一覧です: マーキュリー時代の力業的な佳作:

« フリーの「1st.アルバム」 | トップページ | 熱気溢れるジャズで爽快感 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ