最近のトラックバック

« 真夏の夜の「エレ・ハンコック」 | トップページ | コンセプトは「フィリー・ソウル」 »

2011年7月15日 (金曜日)

中堅ベーシストの優れたライブ盤

暑い暑いと言っていても始まらないので、爽快感溢れるライブ盤を。Christian McBride『Live At Tonic』(写真左)。

つい先日、ベーシストのリーダー作は難しいという話をしたが、当然、優れた盤もある。マクブライドはベーシスト。このライブ盤、重量感+爽快感溢れるコンテンポラリー・ジャズ。ロウワー・イーストサイドのライブハウスTonicでの2005年1月の3枚組のライブ盤である。

ちなみに、パーソネルは、Christian McBride (ac-g, el-g, ac-b, el-b), Jenny Scheinman (vln), Rahsaan Patterson (tp), Geoff Keezer, Jason Moran (p, key), Terreon Gully (ds); Scratch (back-vo), Eric Krasno, Charlie Hunter (g), DJ Logic (turntables)。

1枚目はマクブライドのバンドだけでの演奏。これが良い。メインストリーム・ジャズを基本としながらの、新しい響きを宿した上質なコンテンポラリー・ジャズとなっており、いかにも今風のジャズ、21世紀の純ジャズという雰囲気が実に格好良い。

マクブライドはリーダーとして、演奏の全体をしっかりと統率している。しかも、マクブライドの重低音ベースは、それぞれの演奏にしっかりとメリハリを付けている。意外と目立つマクブライドの重低音ベース。

2枚目はチャーリー・ハンターらをゲストに迎えたフリージャムっぽい演奏。これもまた良い。メインストリーム・ジャズというよりは、純ジャズの雰囲気を隠し味にしたフュージョン・ジャズという音が、これまた実に格好良い。
 

Live_at_tonic

 
途中で、どこかで聴いたことがある、というか、かなり聴いたことがあるフレーズが出てくる。そう、これは「Bitches Brew」。マイルスの大名曲を21世紀のジャズメンが演奏する。良い雰囲気だ。さすが、ライブならではの面白さ。

3枚目はターンテーブルでのスクラッチなどを前面に押し出したクラブ系の演奏。スクラッチを大々的にジャズ化したのは、ハービー・ハンコック。1983年のことだった。21世紀に入ったこの演奏では、もうスクラッチには違和感は無い。

ただ、スクラッチは目に見えるパフォーマンスと相まって楽しさ倍増になるんだが、ライブ盤ではそのパフォーマンスは目にすることができないので、好くタッチの演奏が続くと、ちょっと冗長な感じがするのは仕方の無いことかな。でも、熱気はビンビンに伝わってくる。

総合的に聴いて、曲毎のアレンジがとても良く、マクブライドの優れたリーダーシップが見事。良いライブ盤です。

この『Live At Tonic』を聴いていて、こんな洒落たライブがNYでは、夜な夜な、ライブハウスで繰り広げられているんやなぁと羨ましくなった。よくよく聴いていると、相当、高度で内容のあるパフォーマンスばかり。これ、本当に凄いことです。

そして、このCD3枚組は実にリーズナブルなお値段。約2500円程度とはお買い得。ライブの様子を、いじることなく丸々収録しているようで、確かに手がかかっていない。それが、恐らくお買い得価格の理由なんだろうが、部分的に冗長なところがあるだけで、内容はかなり良い。よって、今風の、今のコンテンポラリーなジャズを体験するには打ってつけのライブ盤だと思います。

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« 真夏の夜の「エレ・ハンコック」 | トップページ | コンセプトは「フィリー・ソウル」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40827326

この記事へのトラックバック一覧です: 中堅ベーシストの優れたライブ盤:

« 真夏の夜の「エレ・ハンコック」 | トップページ | コンセプトは「フィリー・ソウル」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ