最近のトラックバック

« 中堅ベーシストの優れたライブ盤 | トップページ | 真夏向けの「爽やかなデュオ盤」 »

2011年7月16日 (土曜日)

コンセプトは「フィリー・ソウル」

フィラデルフィア・ソウル、略して「フィリー・ソウル」。1970年代前半に一世を風靡したフィラデルフィアを拠点としたソウル・ミュージックの1ジャンル。

そのフィリー・ソウルの中核、フィラデルフィア・インターナショナル・レコードの設立者であり、プロデューサー&ソングライターであるケニー・ギャンブル&リオン・ハフ、略して「ギャンブル&ハフ」。その最盛期は「12分ごとに世界のどこかでギャンブル&ハフの曲がラジオから流れている」とまで言われた。

そんなフィリー・ソウルを、ギャンブル&ハフの大ヒット曲集を中心にカバーした秀逸なフュージョン・ギター盤が出現した。ラリー・カールトン(Larry Carlton)の『Plays the Sound of Philadelphia - A Tribute to the Music of Gamble&Huff and the Sound of Philadelphia』(写真左)。えらく長いタイトルやなあ(笑)。

確かに、1970年代前半、深夜ラジオやFMで、フィリー・ソウルの代表曲はしばしば耳にした記憶がある。ソウル・ミュージックが好きだったからなあ。モータウンと共に「フィリー・ソウル」は大のお気に入りである。

時は流れて2011年。ラリー・カールトンが、このフィリー・ソウルの有名曲の数々をカバーした企画盤をリリースした。これがまあ、実に素晴らしい内容なのだ。
 
Play_philadelphia
 
ありそうでなかなか見当たらなかった、フィリー・ソウルのカバー、フィリー・ソウルを題材にしたジャズ。この素晴らしい企画盤で、ラリー・カールトンは、伝家の宝刀であるギブソン・ES-335で、フィリー・ソウルの名曲の数々を歌い上げていく。

さすがはカールトン。ギブソンES-335の芯の入ったメロウな響きを駆使して、フィリー・ソウルの名曲のフレーズを慈しむように歌い上げていく。1970年代米国ポップの王道の旋律を歌心溢れるインプロビゼーションで彩っていく。

こうやって聴いていると、どうして今までこの企画が眠っていたのだろう、と思う。とにかく、カールトンのギブソンES-335の音色は「フィリー・ソウル」にピッタリ。

収録されている曲はどの曲も素晴らしい出来で甲乙付け難い。見事である。米国ポップの雰囲気がプンプンして、米国ルーツ・ミュージック好きには堪えられないカバー盤です。フュージョン・ファンにとっては、手にして決して後悔はしないと優秀盤だと思います。

もちろん、松和のマスターである私も、米国ルーツ・ミュージックの大ファンですので、このカールトンの『Plays the Sound of Philadelphia』はキッチリとヘビーローテーションな一枚になっています。

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« 中堅ベーシストの優れたライブ盤 | トップページ | 真夏向けの「爽やかなデュオ盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40838629

この記事へのトラックバック一覧です: コンセプトは「フィリー・ソウル」:

« 中堅ベーシストの優れたライブ盤 | トップページ | 真夏向けの「爽やかなデュオ盤」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ