最近のトラックバック

« やっぱり夏はフュージョン・ギター | トップページ | 西海岸ロックの裏方の仕掛け人 »

2011年7月28日 (木曜日)

1980年代チックの代表作

このところ、ちょっと涼しい日が続いている。先週の前半までは酷暑。先週後半、台風が来てから北風吹き込み、一気にクールダウン。気温の激変は身体に堪える。こんな時は自分の好きな楽曲で精神的に支える。

そんな時は、一番のお気に入りジャズメンにご登場願う。そう、チック・コリアですね。このところ、Chick Corea Elektric Bandを聴き直しているんだが、今日は『Eye of the Beholder』(写真左)を選択。

エレクトリック・バンドでの3枚目。1988年の作品。ちなみにパーソネルは、Chick Corea (p,syn), Eric Marienthal (sax), Frank Gambale (g), John Patitucci (b), Dave Weckl (ds), John Novello (syn)。エレクトリック・キーボード・トリオとして構想されたChick Corea Elektric Bandであったが、さすがに、キーボードの負担は大きく、サックスとギターを加えてのクインテット編成となっている。ちなみにシンセサイザーで参戦のJohn Novelloはゲスト・メンバー。

最初に言い切ってしまいますが、このアルバムは傑作です。エレクトリック・バンドの演奏フォーマットでありながら、チックのキーボードについては、ピアノがほぼ90%。エレピ関連は1割程度。ギャンバレのギターも生ギターが活躍、マリエンサルのサックスは当然、生楽器だし、パティトゥッチのベースはエレベだけど、ウェックルのドラムは当然、生楽器。

こうやって、楽器編成を眺めてみると、エレクトリック・バンドという雰囲気では無いですね。どちらかと言えば、8ビートを基調としたコンテンポラリー・ジャズでは無いか、と思うんですが、これが違う。リズム&ビートがしっかりとエレクトリック・ジャズしているので、どちらかと言えば、エレクトリックなリズム&ビートを基調としたメインストリーム・ジャズという面持ち。
 

Eye_of_the_beholder

 
演奏を聴くと、少なくとも、リズム&ビートがフュージョン・ジャズでは無い。Chick Corea Elektric Band独特の、デジタルチックでジャジーなリズム&ビートを基調としていて、結構、メンストリーム・ジャズ的な雰囲気が漂う。チックが作曲、編曲する旋律が実にメロディアスなので、一聴するとフュージョン・ジャズか、と思うが、聴き進めるにつけ、これって結構、硬派なエレクトリックな純ジャズではないか、と思うようになる。

チックの作曲による楽曲がどれもメロディアスで美しく、そしてジャジー。しっかりとエレクトリック・ジャズしているリズム・セクションをバックに、ギターが上手く、そのエレクトリック・ジャズな雰囲気を後押しし、逆に、サックスが純ジャズ的な雰囲気を後押しする。

エレクトリックなジャズの演奏の中で、チックは生ピアノの使い方が実に上手い。というか、エレクトリックなリズム&ビートに乗せる生ピアノのセンスは、ジャズ界随一だろう。他の追従を許さない。そんなチックのセンスの良い、エレクトリックなリズム&ビートに乗った生ピアノをふんだんに聴くことできる。このアルバムでのチックのピアノは、本当に溜息が出るほどに絶品である。

しかも、このエレクトリックなリズム&ビートを基調としたメインストリーム・ジャズという演奏コンセプトは、ありそうで他に無い。これぞ、チック・コリアの独壇場。唯一無二なチック・コリアの世界である。ちなみに、チックお得意のスパニッシュ・テイストもしっかりと要所要所にあしらわれている。

良いアルバムです。チック・コリアの入門盤の一枚としても良いかと思います。1980年代のチック・コリアの代表作と言っても良いでしょう。 

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« やっぱり夏はフュージョン・ギター | トップページ | 西海岸ロックの裏方の仕掛け人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40994188

この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代チックの代表作:

« やっぱり夏はフュージョン・ギター | トップページ | 西海岸ロックの裏方の仕掛け人 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ