Date/Time


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« エレ・マイルスの基準『On The Corner』 | トップページ | 「聴かせる」ジャズ・ピアノ »

2011年6月15日 (水曜日)

エレ・マイルス『In Concert / Live at Philharmonic Hall』

『On The Corner』。ジャズの大本は「アフリカン・ミュージック」。アフリカン・ネイティヴなビート&リズム。それを前面に押し出して、というか、それだけをエレクトリック・ジャズで表現した。そんな「ジャズの根幹」を表現した、ジャズ界最大の「問題作」であり、ジャズ界最大の「基準」である。

その『On The Corner』は、スタジオ録音の成果。この『On The Corner』のコンセプトと踏襲したライブ録音盤が『In Concert: Live at Philharmonic Hall』(写真左)。

なんだか、ある評論家の方々からは、絶不調のマイルスと言われ、この同時期のブート(海賊盤)でこそ、この時期のマイルスの凄さが判る、なんて言われているが、そもそも、ブート(海賊盤)なんて、普通のマイルス者が手にすることは出来ない代物で、それを引き合いに出すのは、評論家として「アンフェア」である。普通のジャズ・ファンの存在を無視しているとしか思えない。

我々、一般のマイルス者については、CBSコロンビアからリリースされた正式盤でしか、マイルスを体験出来無い訳で、そういう意味で、一般のマイルス者にとって、この『In Concert』は『On The Corner』のコンセプトと踏襲した、かけがえの無いライブ盤なのだ。

なぜこんなに絶不調なマイルスのライブがリリースされたのか、なんて、クソミソに言われているが、どうして、僕の耳がおかしいのかもしれないが、意外とこのライブ盤はお気に入り。
 

Miles_in_concert

 
『On The Corner』で提示された「リズム&ビート」を前面に押し出した、ネイティブ・アフリカンなジャズ。その「リズム&ビート」をベースに、コンサートというシチュエーション上、聴かせる部分も意識した、印象的なフレーズの添加。聴かせるフレーズを伴った、聴きやすい「リズム&ビート」。

LP時代は、押し並べて音が悪かったと思う。特に、日本盤は盤質が平均的に良くなかったのか、『In Concert』の良い音というものを聴いた記憶が無い。しかし、近年、DSDマスタリングのCD盤が出て、音質が、LP時代に比べて圧倒的に改善された。この「圧倒的な改善」が、『In Concert』の評価を変えつつあるのかも、と思ったりしている。

絶不調だとか、鬼気迫るものが欠けているとか言われるが、じゃあ、この音を、この音を凌駕する音を出すことの出来るバンドが、マイルス以降あったのか、と問われれば、答は「否」である。絶不調で、鬼気迫るものが無くても、この『In Concert』のマイルスの音に匹敵する、マイルスの音を凌駕するエレクトリック・ジャズな音を表現できるバンドは、今の時代をもってして「皆無」である。

マイルスは「最高」ならずとも「最低」を記録しても、その時代の最先端を行く音になる、というが、本当にそう思わざるを得ない、そんな『In Concert』の音世界である。

確かに、もしかしたら、このライブ盤には「絶不調」のマイルス・バンドしか、存在していないのかもしれない。でも、このライブ盤に残された音は、唯一無二の、孤高のエレクトリック・ジャズの最高の成果の一つである。なんやかんや言っても「素晴らしい」の一言。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« エレ・マイルスの基準『On The Corner』 | トップページ | 「聴かせる」ジャズ・ピアノ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレ・マイルス『In Concert / Live at Philharmonic Hall』:

« エレ・マイルスの基準『On The Corner』 | トップページ | 「聴かせる」ジャズ・ピアノ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー