« ベーシストのリーダー作は難しい | トップページ | 蒸し暑くなると「MJQ」の季節 »

2011年6月28日 (火曜日)

疾走感溢れるボーカル・グループ

ジャズを聴き始めた頃のことである。とにかく、ジャズを聴かなければならぬ、数をこなさなければならぬ。沢山ジャズを聴いて、ジャズの経験を深めなければならぬ。

しかし、その当時は大学生。バイトはしていても財力に限りがある。数をこなすにはFM。FMのエアチェックで片っ端から、ジャズ、フュージョンの演奏をどんどんエアチェックし、ガンガンに聴いていた。

そんなFMのエアチェックで引っ掛かってきたボーカル・グループがあった。抜群のテクニック、抜群の歌唱力、抜群のユニゾン&ハーモニー。それはそれは、素人でも「これは凄い」と思わせるボーカル・グループに出会った。そのボーカル・グループの名は「The Manhattan Transfer」。

The Manhattan Transferは、男女各2人による4人編成。1978年マッセーに代わりシェリル・ベンティーンが正式加入して現在のメンバー構成となる。ちなみにメンバー構成は、ティム・ハウザー(グループの創設者でありリーダー)、アラン・ポール、ジャニス・シーゲル、シェリル・ベンティーン。グループ名は、ジョン・ドス・パソスの小説「マンハッタン乗換駅(Manhattan Transfer)」から取ったとのこと。

初めて聴いたアルバムはデビュー・アルバム。抜群のテクニック、抜群の歌唱力、抜群のユニゾン&ハーモニー。そして、最新のジャズ・フォーマットを採用しつつ、エレクトリック・ジャズのトラディショナルな伴奏をバックに歌いまくるボーカル・グループに、ぞっこん惚れ込んだ。
 

Extentions

 
そして、時は1979年。あの「秘密の喫茶店」で流れていたボーカル・グループのアルバム。聴き覚えのあるユニゾン&ハーモニー。そう、The Manhattan Transfer(以降、略して「マントラ」) である。しかし、今までに聴いたことのない展開、というか、これって、ウェザー・リポートの「バードランド」ではないのか。というか「バードランド」である。歌詞付きの「バードランド」。

その「バードランド」が収録されたアルバムが『Extensions』(写真左)。エアプレイで有名なジェイ・グレイドンによるプロデュースで文句無く楽しい作品。というか、正統派ジャズ・ボーカル・グループのマントラとしては異質と言えば異質。コンテンポラリーなジャズをバックに、というよりは、完璧な「フュージョン・ジャズ」をバックにした、エレクトリックなジャズ・コーラス。

冒頭のウェザー・リポートの名曲「バードランド」を始めとして、収録されている楽曲は全て、電気楽器をベースとした、完璧な「フュージョン・ジャズ」である。そして、その完璧な「フュージョン・ジャズ」をバックにマントラは歌いまくる。そう「歌いまくる」のだ。切れ味鋭く、抜群の歌唱力を武器に歌いまくる。

そして、このマントラの最大の特色は「疾走感」。抜群の歌唱力、抜群のユニゾン&ハーモニーとバックの完璧なまでの「フュージョン・ジャズ」が相まって、その「疾走感」が増幅される。『Extensions』では、その「疾走感」が溢れていて、それはもう限りなく爽快ですらある。全編約37分のアルバムではあるが、聴き終えた後、心地良い疲労感が残る位だ。

傑作「バードランド」を始めとして、1979年テレビ番組「トワイライト・ゾーン」の同名テーマ曲「Twilight Zone/Twilight Tone」、そして、完璧にフュージョン・ジャズ化された「Body And Soul」。その他、収録された曲が全て、硬派な疾走感溢れるAOR的なジャズ・コーラスに仕立て上げられている。一度は聴いて欲しい、ジャズ・ボーカル・グループの名盤です。 

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« ベーシストのリーダー作は難しい | トップページ | 蒸し暑くなると「MJQ」の季節 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疾走感溢れるボーカル・グループ:

« ベーシストのリーダー作は難しい | トップページ | 蒸し暑くなると「MJQ」の季節 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー