最近のトラックバック

« ELPの「1st.アルバム」 | トップページ | 僕はこのマイルスも大好きだ »

2011年6月14日 (火曜日)

エレ・マイルスの「基準」

このアルバムは「問題作」である。エレクトリック・マイルスが本当に「お気に入り」なのかどうか、それを判別する「踏み絵」の様なアルバムである。
 
そのアルバム・タイトルは『On The Corner』(写真)。1972年6月〜7月の録音。エレクトリック・マイルス最大の「問題作」である。逆に返すと、エレクトリック・マイルスの「本質」である。このアルバム無くして、エレクトリック・マイルスは無い。
 
このアルバムについては、多くを語るつもりは無い。とにかく、ジャズ・ファンを自認する方々には、一度は聴いて頂きたい、ジャズの本質、根幹である「ビート&リズム」を究極に至るまで追求した、唯一無二なジャズの成果である。
 
ジャズの大本は「アフリカン・ミュージック」。アフリカン・ネイティヴなビート&リズム。それを前面に押し出して、というか、それだけをエレクトリック・ジャズで表現した。そんな「ジャズの根幹」を表現した、ジャズ界最大の「問題作」であり、ジャズ界最大の「基準」である。
 
ジャズの今回は「ビート&リズム」。メロディアスな旋律などは「二の次」。躍動感溢れる、オフビートが基調の「ビート&リズム」が無ければジャズでは無い。それくらい極論しても良い位に、ジャズにとって「ビート&リズム」は最重要な要素である、と僕は思っている。
 
この『On The Corner』は、普通のジャズと思って聴くと大火傷をする。この『On The Corner』はジャズの根幹のみを表現している。極端に言うと、この『On The Corner』の「ビート&リズム」が理解出来なければ、ジャズの本質を理解出来ない(とマイルスが言う)と言われるくらい、ジャズにとって、本質中の本質。
 
On_the_corner
 
冒頭の「On The Corner」より、ビート&リズムの洪水である。後半、このビート&リズムの洪水の中に、テルミンの様な、基本的な電子楽器音が鳴り響く。このヒューン、ピューンという電子音は、これまた現代の「ネイティヴ」な根幹をなす音である。
 
昔ながらのジャズの本質である「ビート&リズム」と、現代音楽の代表格である基本的な電子楽器音とのコラボ。ビート&リズムの洪水に電子楽器のノイズの様な音が交わって、マイルスにしか為し得ない、エレクトリック・マイルスの音世界が展開される。
 
僕の場合、大阪万国博博覧会とその跡地に立てられた民俗学博物館のお陰で、アフリカン・ネイティヴなビート&リズムを体験し、それが「お気に入り」として捉えることが出来たので幸せだった。クラッシックなビート&リズムしか知らない状態であれば、この『On The Corner』の世界は「理解出来ない」か「嫌い」という状態に陥っていた可能性が高い。
 
といって、この『On The Corner』のビート&リズムを理解出来ないとジャズは理解出来ないのか、と問われれば、それはそれで「違う」のだが、このビート&リズムの世界を理解することで、ジャズの理解が幅広になることは間違い無い。ジャズはアフリカン・アメリカンの文化であり、ジャズは米国が生んだ「音の芸術」である。
  
冒頭にも書いたが、この『On The Corner』は、エレクトリック・マイルスが本当に「お気に入り」なのかどうか、それを判別する「踏み絵」の様なアルバムである。好きになるか嫌いになるかは別として、ジャズを聴き続け、ジャズを愛で続けるのであれば、一度は、この『On The Corner』を聴いて欲しい。
 
ジャズにおける一番大切な大本は、この「ビート&リズム」である。そして、その大本となる「ビート&リズム」のみを前面に押し出して表現されたこのアルバムの音は、エレクトリック・マイルスの「基準」である。
  
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« ELPの「1st.アルバム」 | トップページ | 僕はこのマイルスも大好きだ »

コメント

杢です。
オン ザ コーナーは私の大好きなアルバムで 昔19cmオープンリール版を持ってました。   タブラとかはいっているのでワールドミュージックといわれますが 私は難しいことなくのりのよいビートミュージックだと思います。  特に今の耳できけばかなりふつうではないでしょうか。    そういえば最近本棚を整理していたら20年前のJAZZ LIFEのマイルス追悼号がありそのインタビューでオン ザ コーナーはBoxingの練習のバックにいいという本人の談話が乗ってました。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40397279

この記事へのトラックバック一覧です: エレ・マイルスの「基準」:

« ELPの「1st.アルバム」 | トップページ | 僕はこのマイルスも大好きだ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ