« ザ・バンドの「1st.アルバム」 | トップページ | 疾走感溢れるボーカル・グループ »

2011年6月27日 (月曜日)

ベーシストのリーダー作は難しい

ベーシストのリーダー作は難しい。もともとベースは「縁の下の力持ち」的存在。リーダーである当の本人が何をやりたいかが明確になっているか、若しくは、担当のプロデューサーが、リーダーのベーシストの何を表現したいかが明確になっていないと、良いセッション・アルバムにはなかなかならない。
  
スタンリー・クラーク(Stanley Clarke)の最新作『Stanley Clarke Band』(写真左)を聴いた。53th グラミー賞でBest Contemporary Jazz Albumを受賞したアルバム。一部、上原ひろみも参加したフュージョン・アルバムである。
 
昔から、僕は、グラミー賞の基準が良く判らないでいる。特に、ジャズのジャンルでの選定基準は良く判らない。年間で一番優れた内容でもなさそうだし、一番売れたのでもなさそうだし、その基準が良く判らないでいる。よって、今回のスタンリー・クラークの受賞も正直言うとその理由が良く判らない。
 
スタンリー・クラークの最新作『Stanley Clarke Band』であるが、その内容については、やはり「う〜ん」という感じかなあ。基本的には、ファースト・ソロ・アルバム『Children of Forever』から『School Days』までのアルバムの雰囲気をそのまま踏襲している。
 
『Stanley Clarke Band』全体の雰囲気は、第2期リターン・トゥ・フォーエバーそのもの。やはり、スタンリー・クラークの基本はそこにあるんやなあ。というか、スタンリー・クラーク単独では、どうしても、第2期リターン・トゥ・フォーエバーから出ないというか、第2期リターン・トゥ・フォーエバーが全てになってしまうなあ。
 
さすがに、この時期に及んで、チック・コリアの参戦を促すと、これまた『Children of Forever』と同様、チックの色に染め上げられてしまうというか、全く、2期リターン・トゥ・フォーエバーそのものになってしまうので、クラークとし ても避けたいところ。そこで、上原ひろみの参戦である。
 
 
Stanley_clarke_band
 
 
この『Stanley Clarke Band』では、上原ひろみは「ミニ・チック」というか、 チックの影武者の様な存在になっている。上原ひろみの参加したトラックは、第2期リターン・トゥ・フォーエバーの雰囲気そのもの。クラークのファースト・ソロ・アルバム『Children of Forever』の雰囲気をしっかりと踏襲している。
 
アルバムの内容としては、バラエティに富んでいると言えば聞こえは良いが、クラークのやりたいことを、いつもの様に「ごった煮」に突っ込んだアルバムとも言えるし、このアルバムを覆う統一感は「第2期リターン・トゥ・フォーエバー」をしっかりと踏襲していて、直近のクラークのオリジナリティは特に感じるところは無いとも言える。
 
スタンリー・クラークのソロ・アルバムについては、クラークが一歩引いて、優れたプロデューサーを採用しないことを遺憾に思う。
 
一度、クラークのベースと音楽性を熟知する優れたプロデューサーを採用して、ソロ・アルバムを制作して欲しい。きっと今までとは違ったクラークの魅力が満載のソロ・アルバムが出来ると思うんだが・・・。
 
サイドマンとしては優れたベースを聴かせてくれるだけに惜しいなあと思っています。なんとか、クラークにどこから聴いても「代表作」と呼ばれるようなソロ・アルバムを残して欲しいんですが・・・。
 
ベーシストのリーダー作は難しい。特に「セルフ・プロデュース」は難しい。リーダーである当の本人が何をやりたいのか、そして、それが明確になっているか、が大切なんだが、特にベーシストは「縁の下の力持ち」的存在。フロントをサポートすることは大の得意だが、冷静に見極めて自分自身をサポートすることは、おしなべて苦手のようだ。
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

保存

« ザ・バンドの「1st.アルバム」 | トップページ | 疾走感溢れるボーカル・グループ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベーシストのリーダー作は難しい:

« ザ・バンドの「1st.アルバム」 | トップページ | 疾走感溢れるボーカル・グループ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー