最近のトラックバック

« 「聴かせる」ジャズ・ピアノ | トップページ | 再び、カリフォルニアの青い空 »

2011年6月17日 (金曜日)

ジャズ喫茶で流したい・27

季節、時間帯を選ばずに、リラックスしたい時に、ついついCDプレーヤーのターンデーブルに載せたくなるアルバムが幾つかある。ほとんどが成熟したハードバップ時代、1950年代後半から1960年代前半に偏っている。
 
「さあ聴くぞ」と構えて、ジックリ聴くジャズも良い。逆に「ながら聴き」できるアルバムをあまり肩肘張らずに流して、何かしながら、何か読みながら、ぼんやりと聴くジャズもこれまた良いものだ。
 
今日はそんな「ながら聴き」のできる、ぼんやりと聴くジャズ・アルバムをチョイス。Wes Montgomeryの『Groove Yard』(写真左)。1961年1月の録音。ちなみにパーソネルは、Buddy Montgomery (vib, p) Wes Montgomery (g) Monk Montgomery (b) Bobby Thomas (ds)。
 
パーソネルを見渡すと判るんだが、長兄のモンク・モンゴメリー(b)、次男のご存知、ジャズギターの最高峰ウェス・モンゴメリー(g)、そして末弟のバディ・モンゴメリー(p)という三兄弟によるハードバップ・セッションである。
  
つまりは、ドラムのボビー・トーマスだけが「他人」となる。それはそれで、録音セッションなんかはやりにくいだろうなあ、とつまらないことを心配しつつ、このアルバムを聴き始める。
 
冒頭の「Bock To Bock (Back To Back)」から、リラックスした雰囲気に魅了される。演奏は心地良く締まった演奏。でも、演奏全体にリラックスした雰囲気が漂う。さすがに3兄弟の絡んだセッションである。演奏のそこかしこに「あうんの呼吸」がある。リズム&ビートもぴったりと合って、そのぴったりと合った具合が、心地良い「快感」を運んでくれる。 
 
Groove_yard
 
ギターとピアノは、ジャズの範疇では、同じ特質を持った楽器である。リズム楽器にもなるし、旋律楽器にもなる。コード弾きも出来るし、短音のフレーズ弾きも出来る。このアルバムのセッションは、絵に描いた様なハードバップなセッションで、カルテットの4者4様の演奏を繰り広げるような「インタープレイ」の応酬は無い。それでも、ギターとピアノは、音がぶつかったり、音が重なったりするもんなんだが、このアルバム・セッションでは、その「短所」が皆無。
 
さすが兄弟で、ギターとピアノを担当しているだけある。ギターのウエスとピアノのギターのバディは、けっして音は重ならないし、ぶつからない。互いの音を聴きつつ、ソロを受け渡し、テーマで息の合ったユニゾン&ハーモニーを展開する。なるほど、兄弟であるが故の「相性」の良さ。そして、フロントの2人を、これまた兄弟のモンクのベースがしっかりとサポートする。これが、またリズム&ビートがぴったりと合っている。心地良いことこの上無しである。
 
ドラムのボビーも大健闘。モンゴメリー3兄弟の兄弟であるが故の「あうんの呼吸」をしっかりとリードする。ボビーの叩き出す趣味の良いドラムに合わせて、モンゴメリー3兄弟が「あうんの呼吸」を武器に、実に上質な、実に趣味の良いハードバップな演奏を繰り広げる。
 
当然、ジャズ・ギターの最高峰ウエスのギターは素晴らしいの一言。必殺のオクターブ奏法も全開。バンバンにオクターブ奏法を繰り広げる。喜びのオクターブ奏法。兄弟揃っての演奏を心から楽しんでいる。もう「ノリノリ」である。いらぬ遠慮の無い、リラックスしたウエスのギターは聴きどころ満載。
 
ここでのウエスは最高。ジャズ・ギターを志すジャズ者の方々には、必ず一度は耳にして頂きたい演奏。良い意味でテンション張りながら、心からリラックスしたジャズ・ギターはそうそう聴けるものではない。
 
良いアルバムです。特に、この6月の梅雨の朝。蕭々と降る雨を眺めながら、ちょっとヒンヤリとした梅雨寒の空気を感じながら聴く「ながら聴き」できるアルバム。加えて、そのリーダーが、そのジャズ・ギターがウエス・モンゴメリーなんて、これほど贅沢なジャズ鑑賞のシチュエーションはありません。至福の時です。
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 
がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« 「聴かせる」ジャズ・ピアノ | トップページ | 再び、カリフォルニアの青い空 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40437116

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・27:

« 「聴かせる」ジャズ・ピアノ | トップページ | 再び、カリフォルニアの青い空 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ