« 今日はマイルスの誕生日 | トップページ | ついつい落涙してしまう・・・ »

2011年5月27日 (金曜日)

梅雨の時期にピッタリのアルバム

今日、関東地方は梅雨入りした。平年より12日早い梅雨入りである。いやはや、僕は子供の頃から梅雨が嫌いで、鉛色のどんよりした雲を見ると、決まって憂鬱になる(笑)。

でも、梅雨を行き過ごさない限り、大好きな夏は来ないので、これはこれで仕方が無い。梅雨の長雨は大嫌いだが、冷静になって振り返ってみれば、梅雨の季節については、それはそれなりに風情がある。そんな、梅雨の情景にぴったりのジャズ・アルバムがある。

Steve Kuhnの『Remembering Tomorrow』(写真左)。アルバム・ジャケットを見ても、これは「梅雨の時期」にピッタリのアルバムである(笑)。しかし、こんな快曇な、絵に描いた様な鉛色の雨雲をアルバム・ジャケットに持ってくるだろうか。しかし、良く眺めていると、それはそれで風情があると思えてくる。さすがは、ECMレーベルの仕業である。

さて、スティーブ・キューンのピアノは、限りなく繊細で、限りなく美しい。汚れを知らない、ナルシストの様な美しさ。その美しい、湿った、陰影のある音で、冷静に、滑らかに語りかける。その音は、そぼ降る雨に濡れる、鮮やかな紫陽花の様な、凛とした雰囲気を漂わせる。湿ったクリスタルの様な、冷たさの中に、ほのかな暖かみを感じる、そんな個性的なキューンのピアノ。

そのキューンのこのアルバム、一曲目が、そもそも「The Rain Forest」、つまり「雨の森」。ドラムの音、シンバルの音が、「雨」を表し、その雨に煙る「森」の凛とした雰囲気、静寂感をピアノが表す。この雨の多い季節にぴったりの、まさに、印象派の風景画をみるような、限りなく美しい演奏。

続く曲も、陰影のある、クリスタルなピアノが、滑らかに響く。このアルバムを聴いていると、全編を通して「雨」を感じる。「雨」といっても、土砂降りの雨ではなく、冷たい雨ではなく、静寂の中、そぼ降る「暖かい雨」を感じる。
 

Remembering_tomorrow

 
静寂の中、時にドラムの響きが、その静寂を破る。静寂な「雨のそぼ降る森」に、風が吹き抜け、雨の滴が、一斉に落ちてくるような、静寂を破るドラムの音。うねるようなベース。

自然の中の、雰囲気のうねりの様な、不安をかき立てる雨のうねりのようなベースのうねり。雨は、時には優しく、時には強く、降り続く。一時の、雨の休息。雨に濡れた静寂な森。雨雲がたれ込め、森がかすみ、時折、風に大きく揺れながら、時は過ぎていく。

このアルバムのレーベルであるECMは、ミュンヘンにある典型的な欧州のレーベルで、米国のレーベルとは違った、前衛的な、印象派的な、美的感覚に優れたアルバム、ミュージシャンが多い。かのキース・ジャレットもECMの看板ミュージシャンだし、パット・メセニーも、デビュー当時はECMだった。

今回、ご紹介した、キューンも、途中、別のレーベルに移った時もあるが、どちらかと言えば、ECMの花形ピアニストの感が強い。梅雨の雨の日には、このECMレーベルのアルバムが良く似合う。

子供の頃から梅雨が大嫌いなのですが、季節として感じれば、梅雨は梅雨で「また良し」。季節を感じることは、結構、大切なことです。そして、その季節にあったジャズというのも良いものです。
 
 
 
★がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

★ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3
 

« 今日はマイルスの誕生日 | トップページ | ついつい落涙してしまう・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の時期にピッタリのアルバム:

« 今日はマイルスの誕生日 | トップページ | ついつい落涙してしまう・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー