最近のトラックバック

« 都会な雰囲気のフュージョン | トップページ | 梅雨の時期にピッタリのアルバム »

2011年5月26日 (木曜日)

今日はマイルスの誕生日

1926年5月26日、マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III)の誕生日である。生きていれば、85歳となる。が、実際は、1991年9月28日に逝去している。享年65歳だった。今の時代、少し短い生涯であった。

マイルスのアルバムは、有名である分、なんとなく取っつきやすそうだが、実は意外と難易度は高い。ジャズ者初心者駆け出しの頃では、マイルスのアルバムを聴いて、いきなり感動することは、なかなかに難しいと思う。僕も最初の頃は、さっぱり判らなかった。それでも、ジャズ界で一番有名なマイルスである。判らない、で済ます訳にはいかない。

では、マイルスのアルバムの中で、僕がジャズ者初心者駆け出しの頃、どのアルバムが、最初の「愛聴盤」になったのか。遠く遠く昔々、大学時代の頃に遡る。ジャズを聴き始めて1年位だったかな。そう、『Sketches Of Spain』(写真左)が、僕にとっての最初の「愛聴盤」だった。

初の「愛聴盤」になった決め手は、かの有名なクラシックの名曲「アランフェス協奏曲(Concierto De Aranjuez)」が収録されていること。天才アレンジャー、ギル・エバンスとの合作であり、ギル・エヴァンスのアレンジによるオーケストラとの共演アルバムでもあり、マイルスの数多い作品の中でも重要な傑作。

この「アランフェス協奏曲」、20世紀を代表するスペインの盲目のギタリスト、ホアキン・ロドリーゴがギターのために書いたクラシックの名曲で、アランフェスとは、水と森の緑に恵まれた、スペインの首都マドリード郊外の土地の名で、古くから王の離宮が建てられた風光明媚な場所の名前。ロドリーゴは、夫人とともにこの土地を訪れ、大地の自然を余すところ無くその触感で感じ取り、曲想を練ったと言われている。

とりわけ有名な第2楽章は「愛のアランフェス」として有名になったが、実は、当時、この世に生を受けることなく、息子を失なった夫人への「慰め」が込められたものだと、ロドリーゴ自身、後日、語っている。
 
Sketches_of_spain
 
大学時代、この演奏を初めて聴いた時、唖然としたのを覚えている。正直言って、ジャズがこんなに繊細かつダイナミックな、言い換えると、クラシックと匹敵する、いや、ある面、クラシックを越える表現力を持っているとは思わなかった。ショックだった。

とにかく、リリカルで、静謐かつダイナミック、しかも幽玄という変幻自在のアレンジと演奏で、この「アランフェス協奏曲」を一気に聴かせてしまう。マイルスのトランペットが哀愁豊かに鳴り響き、バックのジャズ・オーケストラは、そのマイルスのトランペットをより引き立たせていく。
 
ジャズが、なんだか荒々しく、ちょっとアウトロー的な、俗っぽい音楽じゃないか、と思われている皆さん、このマイルスとギルとのコラボレーションの奇跡である、この「スケッチ・オブ・スペイン」の「アランフェス協奏曲」を聴いてみて下さい。

「アランフェス協奏曲」の他に、マイルスとギルのコラボレーションならではの曲が並んでいるが、やはり、この「アランフェス協奏曲」が傑出している。この演奏は、「なぜジャズが芸術のジャンルの一角を占めているのか」、「ジャズの芸術性とはなにか」という疑問に、ひとつの答を出しているような、そんな歴史的名演です。

ちなみに、この曲のライヴ・ヴァージョンはマイルスの『コンプリート・カーネ ギー・ホール(AT CARNEGIE HALL THECOMPLETE CONCERT)』で聴くことができる。これもチャンスがあったら、聴いて欲しい逸品です。

マイルスの命日。マイルスも生きていたら85歳。ピアニストのハンク・ジョーンズは、92歳まで現役だったから、85歳だって、まだまだ現役でいられたはず。85歳のマイルス。2011年のマイルス。見てみたかった。そのトランペットを聴いてみたかったなあ。どんな音を出していたんだろう。

 

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

« 都会な雰囲気のフュージョン | トップページ | 梅雨の時期にピッタリのアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40144282

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はマイルスの誕生日:

« 都会な雰囲気のフュージョン | トップページ | 梅雨の時期にピッタリのアルバム »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ