最近のトラックバック

« 西海岸派のフュージョンの名盤 | トップページ | 時には的外れな評価もある »

2011年5月31日 (火曜日)

フュージョン・ジャズの発展型

1970年代後半から1980年代前半がフュージョン・ジャズのピークだった。その後、フュージョン・ジャズは、スムース・ジャズと名を変え、電気楽器の特性を活かしたムーディーなジャズに変質していった。一方、純ジャズを志向する硬派な向きは、フュージョンな要素と純ジャズな要素を併せ持った、時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズとして発展していった。
 
今日、ご紹介するアルバム『Over Crystal green』(写真左)は、前述後者の、純ジャズを志向する硬派な向きとして、フュージョンな要素と純ジャズな要素を併せ持った、時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズとして発展していった成果のひとつである。

本アルバムのタイトルは『Over Crystal green』となっているが、このアルバム・タイトルには、次のようなエピソードがある。

フュージョン全盛期の1976年に『Crystal Green/Rainbow 〜 featuring Will Boulware』という名盤があった(僕は、そのアルバムは手にしたことがないが・・・)。それから26年後、ウィル・ブールウェアが再びリーダーアルバムを吹き込むにあたり、その1976年のアルバムを超えることを目指して名付けられたアルバムタイトルが、この『Over Crystal Green』なのだそうだ。
 
1976年といえば確かにフュージョン全盛時代。今回のアルバムを吹き込むにあたってのメンバーを見渡し見ると、そのフュージョン全盛時代に活躍した強者どもばかり。その強者どもが26年を経て、今度は、フュージョンな要素と純ジャズな要素を併せ持った、時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズを聴かせるのだ
 
Over_crystal_green
 
フュージョンの地域特性といえば、モダン・ジャズと同様、西海岸派と東海岸派とがある。西海岸派は、次にご紹介するデイブ・グルーシンやリー・リトナーが初期のスターとして大活躍、音的には、モダン・ジャズと同様「明るくて軽やか」。東海岸派は、ブレッカー兄弟やスティーブ・ガッドが大活躍。音的には、やはりモダン・ジャズと同様「太くて重量感があり、ソウルフル」。この『Over Crystal green』は、東海岸派のアルバムに位置づけられる(メンバーを見れば一目瞭然か・笑)。

さて、この新アルバム、とにかく、渋くて、格好良いのだ。決して8ビートにこだわらず、底に、モダン・ジャズの雰囲気を漂わせながら、現代の感覚にピッタリのコンテンポラリー・ジャズが展開される。

冒頭の「A Song For you」。かのレオン・ラッセルの作曲、カーペンターズがヒットさせた有名な名曲なのだが、これが絶品。マイケル・ブレッカーのテナーが泣けます。5曲目は「Don't Let Me BeLonely Tonight」。ジェームス・テイラーの名曲ですが、この曲は、ボブ・バーグのテナーがグッときます。適材適所のテナーの配置。ブールウェアのプロデュースの才を感じます。

極めつけは7曲目の「Waltz For Debby」。ジャズ・ピアノの巨匠ビル・エバンスの永遠の名曲ですが、この曲のアレンジといい、その内容といい、素晴らしいのひとこと。フュージョンの「Waltz ForDebby」が、こんな素晴らしい演奏で聴けるなんて・・・。

ホント、このアルバム、渋いです。時代の先端を行くコンテンポラリー・ジャズの成果のひとつとして、一度は聴いてみて下さい。良いアルバムです。
 
 

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

« 西海岸派のフュージョンの名盤 | トップページ | 時には的外れな評価もある »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/40209865

この記事へのトラックバック一覧です: フュージョン・ジャズの発展型:

« 西海岸派のフュージョンの名盤 | トップページ | 時には的外れな評価もある »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ