最近のトラックバック

« 一番ジョー・サンプルらしい | トップページ | ハービーの「ソフト&メロウ」 »

2011年4月12日 (火曜日)

ポジティブに「癒される」

この2〜3日、大きい余震が多発している。震度6弱〜5弱の余震だと、我が千葉県北西部地方でも震度4〜3は揺れる。揺れによっては、体感震度は5程度になる。この大きい余震が、大震災以来、頻発している。この1週間程度、かなり余震は減少していたので、ちょっと安堵していた。それが、である。

これって、結構なストレスになる。まだ、僕たちは千葉県北西部地方なので、震源に近い東北地方や茨城県に比べれば揺れは小さい。逆に、震源に近い東北地方や茨城県では相当な揺れになっているはずで、ところによっては、3月11日の大震災と同程度の揺れという言葉も出ている。その恐怖感はいかばかりか、と思う。

それでも、ストレスを感じ続けているとロクなことはない。大きく深呼吸を2〜3回すると良いという。そして、僕は大好きなジャズを聴く。こういう自然の驚異からのストレスを感じている時は、ジャズ・ボーカルを聴く。それも、見事なジャズ・ボーカルを、だ。

今日は、Mel Torme(メル・トーメ)の『Swings Shubert Alley』(写真左)を聴く。メル・トーメは、僕のお気に入りの男性ボーカリスト。男性ジャズ・ボーカリストとしては、一に「フランク・シナトラ」、二に「メル・トーメ」、三に「チェット・ベイカー」である。『Swings Shubert Alley』は、お気に入りの2番目、メル・トーメの名盤である。

メル・トーメは、ジャズ・ボーカリストとしては傑出した存在で、ジャズとしてのスイング感は抜群、臨機応変なリズム感は天性のもの、そして軽妙洒脱な語り口は見事の一言に尽きる。とにかく、聴いていて、とても「和む」ボーカルなのだ。決して角が立たない、優しい丸みを帯びた、それでいて、芯のしっかり入ったボーカル。聴いていて、ポジティブに「癒される」こと請け合いである。

加えて、このアルバム、バック・バンドに、アート・ペッパーをはじめとするウエスト・コースト勢がズラリと控え、アレンジは、西海岸アレンジャーの雄、マーティ・ペイチが担当する。米国西海岸ジャズの特徴である、良く計算された洒脱なユニゾン&ハーモニー、かつ耳当たりの良く端正、そして、決して平凡ではない、アーティスティックなアレンジが満載である。フレンチ・ホルンやチューバが入っているところが、なかなか耳に新しく感じる。実に豊かに、ふくよかに感じる、音の重ね方が素晴らしい。
 

Mel_swings_salley

 
そんな米国西海岸ジャズ独特な雰囲気をバックに、メル・トーメの、和む、かつ癒される、柔らかくポジティブな、芯の入ったボーカルが楽しい。どの曲もどの曲も素晴らしい歌唱で魅了してくれます。アルバム・タイトルの「Shubert Alley」というのはブロードウェイの別名、つまりブロードウェイ・ミュージカルのヒット曲集という訳。アルバム・タイトルも洒落てます。ジャケット・デザインもなかなか優秀。タイトル良し、ジャケット良し、内容良し、揃いも揃った「三拍子」です(笑)。

バック・バンドの演奏は実に優れたものですが、特に、アート・ペッパーが、魅力的なアルト・サックスを披露しています。長くは無いんですが、適度に短く、端的に、切れ味の良いアルト・ソロを聴かせてくれます。バック・バンドとのアンサンブルも良好。バックのユニゾン&ハーモニーに乗って、アートのアルトは、太くブリリアントで流麗。それぞれのソロは短いんですが、実に印象に残るアルトを聴かせてくれます。唄うようなソロとはこのこと。

どの曲も素晴らしく、全ての歌唱に耳を傾けて頂きたいと思います。それでも何曲かを選べと言われたらですね〜、

4曲目の「On The Street Where You Live」
7曲目の「Hello Young Lovers」
8曲目の「The Surrey With Fringe On Top」
9曲目の「Old Devil Moon」

辺りでしょうか。特に、7〜9曲目の3連発は、いつ聴いても惚れ惚れします。ジャジーな歌声、メル・トーメの傑作でしょう。加えて、このアルバム、音が良い。ブロードウェイ・ミュージカルのヒット曲集、当然、曲が良い。そして、メル・トーメのボーカルが良い。 「和む」ボーカルに、ポジティブに「癒される」。良いボーカル・アルバムです。

ちなみに、アート・ペッパーを含むペイチ楽団と共演したトーメの名盤2枚、今回ご紹介した『Swings Shubert Alley』と、コーラス・グループ「メル・トーンズ」を従えた『Back In Town』をカップリングした『THE ART PEPPER-MARTY PAICH SESSIONS』(写真右)もあります。ダウンロード・サイトでは、このカップリング盤がアップされていることが多い様です。

 

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから始めよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。
 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 一番ジョー・サンプルらしい | トップページ | ハービーの「ソフト&メロウ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39586472

この記事へのトラックバック一覧です: ポジティブに「癒される」:

« 一番ジョー・サンプルらしい | トップページ | ハービーの「ソフト&メロウ」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ