最近のトラックバック

« ハービーの「ソフト&メロウ」 | トップページ | 伝説「熱狂の田園コロシアム」 »

2011年4月14日 (木曜日)

ハービー本気のディスコ・アルバム

今の耳で、ディスコ・ミュージックを聴いてみると面白い。純ジャズ出身の一流ジャズメンがやるヤツは、ファンキー・ジャズやR&Bな要素を採り入れながら、超絶技巧なテクニックを駆使して、硬派にディスコ・ミュージックを展開する。その代表的存在がハービー。ジャズ畑で彼の右に出る者はいない。 

そんなハービーが、遂に本職のヴォーカリスト達を起用して、全曲ボーカル入りという、もう全くと言っていいほど、フュージョン・ジャズなアルバムでは無い、完璧なディスコ・アルバムとしてリリースしたアルバムが『Monster』(写真左)。1980年のリリース。僕は当時、大学生。リアルタイムにこのアルバムに出会い、このアルバムを愛でていた。僕が通っていた「秘密の喫茶店」でよくかけてもらった。

ハービー・ハンコックが作ったアルバムだからと言って、これは決して、ジャズでも無ければ、フュージョンでもない。徹頭徹尾、ディスコ・ミュージックである。譲って、エレクトリック・ファンク。でも、これって、やっぱりディスコ・ミュージックやな。

しかし、良く良く聴くと、やはり、ハードバップ時代から活躍してきたハービーならではとでも言おうか、このリリース当時、最先端だったディスコ・ミュージックではあるが、その演奏の中に、そのアレンジの中に、しっかりとジャズの要素、そう、ジャズの歴史を彩った「ファンキー・ジャズ」「ボサノバ・ジャズ」「ソウル・ジャズ」「ラテン・ジャズ」な要素が、隠し味の様に散りばめられており、意外とジャズ者ベテランの方々に受けの良い「ディスコ・アルバム」である。

冒頭の「Saturday Night」はラテン・ジャズ。印象的なエレギ・ソロは、ラテン・ロックの雄、ハービーの盟友カルロス・サンタナ。リズム・セクションは、Alphonse Mouzon(ds), Freddie Washington(b) が脇を固める。人間がビートを刻んでいるんだ〜、ってことがとても良く判るヒューマニズム溢れる実にアナログチックなビート。適度にラフで、適度に柔らかでエッジの丸いファンキー・ビートは、やはり、ハービーの手になる、ジャズ畑ならではのプロデュースの賜だろう。これは良く聴いたなあ。

この適度にラフで、適度に柔らかでエッジの丸いファンキー・ビートが、このアルバムの肝であり、適度にラフで、適度に柔らかでエッジの丸いファンキー・ビートであるが故に、このディスコ・アルバムは、決して、耳につかないし、決して、聴き疲れしない。

Monster

ボーカルだってそうだ。適度にラフで、適度に柔らかでエッジの丸いファンキー・ビートに乗ったファンキーなボーカルは、聴いていて実に心地良い。柔らかいというか、人間的な暖かさがあるというか、体温と同じ暖かさのボーカルが心地良い。そう、この『Monster』というアルバムは、アルバム全体の演奏の全てが、人間的な暖かさというか、対応と同じ暖かさの、実にアナログチックな演奏で固められているところが、最大の特徴だろう。 

3曲目の「Go For It」は、テクノ風シンセサイザーのデジタルチックなビートとアナログ・ファンクを融合させた、人間的な暖かさがプンプンするノリノリの曲。曲の雰囲気が、いかにも、ブラック・コンテンポラリーなファンク・バンド、アース・ウィンド&ファイアを意識した曲作り。思わずニンマリする。それでも、ハービーはプライドを失わない。あくまで、ジャジーな雰囲気を底に漂わせている。これは良く聴いたなあ。

2曲目の「Stars In Yor Eyes」と5曲目の「Making Love」は、完璧なまでの「ソフト&メロウ」なソウルバラード。それでも、ロック畑の「ソフト&メロウ」とは違う、ビートの奥に、ジャジーな響きが見え隠れする。これは演奏するミュージシャンから滲みでたものなのか、はたまた、ハービーのプロデュースの賜なのかは判らないが、このビートの奥のジャジーさは、ジャズ畑のディスコ・アルバムならではのものである。実に味わい深い。

ラストの「It All Comes Round」は、完璧なディスコ・ロック。それでも、等間隔に叩きまくるビートは、少し音を引くように「粘る」。 その粘りが実にジャジー。アナログチックに粘るビートは「人間が演奏する」そのもの。

決して、後の「打ち込み」の様な無機質な感じは全くしない、人間が叩きまくる等間隔のビートであり、人間が叩きまくるが故に、等間隔のビートでも「グルーブ感」が抜群である。このラストの「It All Comes Round」、実は大好きな1曲です。むっちゃ格好良い。

もう全くと言っていいほど、フュージョン・ジャズなアルバムでは無い、完璧なディスコ・アルバムとしてリリースしたアルバムが『Monster』。ハービーが、1970年代後半に猛威をふるったディスコムーブメントに本気で相対したアルバムです。ハービーの本気度を強く感じます。

当時、真面目なジャズ者からは疎まれましたねえ。でも、僕は大好きでしたし、「秘密の喫茶店」のママさんもお気に入りでした。このアルバムがリリースされた当時、喫茶店に行くと、いつも良いタイミングで、さりげなく、このアルバムをかけて下さいました。懐かしいセピア色の想い出です。

 

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから始めよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。
 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« ハービーの「ソフト&メロウ」 | トップページ | 伝説「熱狂の田園コロシアム」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39613350

この記事へのトラックバック一覧です: ハービー本気のディスコ・アルバム:

« ハービーの「ソフト&メロウ」 | トップページ | 伝説「熱狂の田園コロシアム」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ