最近のトラックバック

« 伝説「熱狂の田園コロシアム」 | トップページ | 徹頭徹尾、ペッパーを愛でる »

2011年4月17日 (日曜日)

硬派なジャズの最右翼

ジャズにもいろいろある。心地良い柔らかさの演奏もあれば、突き刺さるような激しい演奏もある。ジャズはクラシックと比べて、音の強弱、音の硬軟の差が激しい。つまりは、メリハリが付いていて、このメリハリの付け具合こそが、ジャズの個性のひとつであったりする。

演奏する音の硬さ、という面では、チャールス・ミンガスが最右翼だろう。怒れるベーシストとして有名なチャールズ・ミンガスだが、その演奏の硬さときたら、音の端々から「パキパキ、ポキポキ」と音がしそうなくらい。本人のベースの音からして、ブンブン、ビンビンと、超硬質な重低音を響き渡らせている。

そのベースの超弩級の超硬質な重低音に乗って、ドラムが呼応し、ピアノが乱舞し、サックスが鳴り響くのだ。当然のこと、それぞれの楽器の音は、自然と硬質になる。

そんなチャールズ・ミンガスの影響で、「超硬質な演奏」になったセッションを記録した一枚が『East Coasting』(写真左)。1957年8月のセッション。オハイオ州シンシナティで録音されている。ちなみにパーソネルは、Clarence Shaw (tp) Jimmy Knepper (tb) Curtis Porter (as, ts) Bill Evans (p) Charles Mingus (b) Dannie Richmond (ds)。

やっぱり、ドラムはダニー・リッチモンドなんやね。ミンガスの超弩級の超硬質な重低音ベースを気にすることなく、自分のドラムを叩き続けることができる貴重な存在。頼もしきリッチモンドである。そして、他のメンバーを見渡すとだな・・・、う〜ん知らん名前ばかりが並ぶ。でも、なんと、ピアノにビル・エバンスの名がある。このビル・エバンスって、そうあのビル・エバンスです。現代ピアノ・トリオの祖。

エバンスのピアノは、ダイナミックかつ耽美的。結構バリバリとメリハリ付けて弾くタイプだが、そのピアノの音は適度に心地良く丸い。が、この『East Coasting』のセッションでは、チャールズ・ミンガスの超弩級の超硬質な重低音ベースの影響と、リーダーのミンガスの演奏方針に従って、パキパキのピアノを弾き倒している。
 
East_coasting
 
演奏全体が、完全に硬派なジャズになっている。リーダーであるミンガスのリーダーシップの力量いかばかりなるか、という感じ。ミンガスの薫陶よろしく、メンバー全員が一心不乱に「硬派なジャズ」を演奏している。どの演奏もどの曲も「パキパキ、ポキポキ」と音がしそうな演奏である。

それでも、しっかりと演奏のツボは心得ているようで、ロマンティックな曲には、硬派な音の合間に、そこはかとなく優しさが漂うし、ハードボイルドな曲には、そこはかとなくクールなテンションが張り詰める。

冒頭の「Memories Of You」は、その最たる演奏。この曲、もともとロマンティックなバラードなんだが、ミンガスのリーダーシップの下では、「パキパキ、ポキポキ」と音がしそうな硬派なバラードに早変わり。ペットのミュートは切れ味鋭く、実に硬派な響きで、ロマンチックなテーマを吹き上げ、ピアノのエバンスも自らのスタイルを封印し、精一杯「パキパキ、ポキポキ」と音がしそうな硬派なピアノを、結構、滑らかに弾き綴っていきます。

意外とエバンスの柔軟性というか、良い意味での「いい加減さ」を強く感じます。まあ、プロってそういうもんでしょうね。自らの主張、スタイルを貫き通すだけが全てでは無い。時には周りに合わせる懐の深さもプロならではの「なせる技」でしょう。

硬派なジャズの最右翼は「チャールズ・ミンガス」のリーダー作。ミンガスの硬派なリーダーシップは、演奏するグループの人数が少なくなればなるほど、その「硬度」が増すようです。つまりは、ミンガスのリーダー作は、スモール・バンドからビッグ・バンドのサイズがちょうど良い、演奏の「硬度」となる、ってことですかな。ふふっ、お後がよろしいようで・・・。しかし、本当に適当なジャケット・デザインやなあ(笑)。 

 

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから始めよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。
 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 伝説「熱狂の田園コロシアム」 | トップページ | 徹頭徹尾、ペッパーを愛でる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39646874

この記事へのトラックバック一覧です: 硬派なジャズの最右翼:

« 伝説「熱狂の田園コロシアム」 | トップページ | 徹頭徹尾、ペッパーを愛でる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ