最近のトラックバック

« 鼻歌でも歌うかのように・・・ | トップページ | チェコ出身のジャズ・ベーシスト »

2011年4月23日 (土曜日)

キャンディーズの想い出

元キャンディーズのメンバーで、女優としても活躍した田中好子さん(愛称スーちゃん)が21日夜、乳がんのため東京都内の病院で亡くなりました。55才でした。改めて、ご冥福をお祈りしたいと思います。

しかし、僕も歳を取ったなあと思います。自分の感性を確立した高校生の頃から、リアルタイムで経験し続け、自らの人生に何らかの良い影響をもたらしてくれた人達が、少しずつ「逝去」するようになりました。

2008年10月の緒形拳さんの逝去はショックでした。特に遺作となった「風のガーデン」は、今でも身につまされる想いを持って、なんども繰り返し見ます。そもそも、この緒形拳さんの逝去で、自分も歳を取って、そろそろ周りから順番に鬼籍に入る、そんな年頃になったんだと強く感じました。

そして、2009年5月の忌野清志郎さんの逝去。これは「大ショック」でした。それから追い打ちをかける様に、2009年10月に加藤和彦さんが自らの命を絶ちました。この2人は、高校時代から、全くのリアルタイムで体験した来た、かなりの影響を受けたミュージシャンでもあり、かなり精神的にショックで、暫く鬱ぎこんでいました。特に、加藤和彦さんの逝去については、彼の遺書の要約を読むにつけ、身につまされる想いを強くもちました。

そして、今回のスーちゃんの逝去。以前にも、リアルタイムに体験した女性歌手や女優の方の逝去というのはありました。それなりにショックは受けるのですが、今回のスーちゃんの逝去はちょっと意味合いが違う。自分としての感性を確立した高校生の頃から、リアルタイムで経験し続け、自らの人生に何らかの良い影響をもたらしてくれた人達の範疇で初めての女性歌手・女優だったのですから。

僕は、中学生の時代からキャンディーズがお気に入りで、コアなファンではないんですが、当時の歌謡ポップスという範疇では、意外とキャンディーズの曲が、ポップでキュートで好きでした。中学3年生の時だったかな。デビューシングルの「あなたに夢中」を聴いて、なかなか日本では定着しない女性ポップス・コーラスグループとして「これはいけるんとちゃうか」と想いを強く持ったのを覚えています。

それから3曲ほど、期待通りの活躍とはいかないシングルが続きますが、僕が高校1年の冬、1975年2月にリリースされた「年下の男の子」でブレイク。やっと、この曲で、キャンディーズの個性である「ポップでキュート」な面が前面に出て、これはなかなか個人的にお気に入りでしたね〜。

Candies

まあ、高校時代から大学時代は、同級生の間では、冷静沈着・温厚誠実な「おじん」路線で生活していましたから(笑)、別にコアなファンではなかったんですが、キャンディーズがお気に入りなんて言えなかったですね〜。でも、当時、ピンクレディーとキャンディーズ、どっちが良いか、と問われれば、絶対にキャンディーズでしたね(笑)。

ですから、忘れもしない1978年4月4日、後楽園球場に5万5千人を集めた「さよならコンサート」は悲しかったなあ。まだ大阪でしたからね。東京まではとても行けない。テレビでの生中継をズッと友人と見てました。ちょうど、辛い浪人時代を経て、なんとか志望する大学のひとつに入れた時期で、なんか万感な想いがこみ上げてきて、涙を流しながら見てましたね(笑)。

そんな、キャンディーズのメンバーだった「スーちゃん」が亡くなったんですから、それはそれは大ショックです。もう、あのキャンディーズは絶対に再結成されない。まあ、もともとキャンディーズは解散以来、再結成されたことはないのですが、スーちゃんが亡くなったことで、あくまで「再結成の可能性」という点では全く無くなった訳です。なんだか、キャンディーズ解散時の様な、なんか万感な想いがこみ上げてきて、どうもこのところ精神的にいけません。あの3人が元気に並ぶ姿は、もう見ることは出来ないのか。

スーちゃん逝去の報以来、キャンディーズのシングル曲をつらつら聴いていますが、キャンディーズのシングル曲の中では、ダントツで、「アン・ドゥ・トロワ」(写真左)と「やさしい悪魔」(写真右)が好きですね。今でも、カラオケで歌ったりします(笑)。作詞:喜多條忠・作曲:吉田拓郎の名曲。どちらの曲も、吉田拓郎の渾身の傑作で、拓郎節が炸裂しまくりです。この拓郎節炸裂の名曲をキャンディーズが可愛らしく、ポップにキュートに歌い上げる。曲全体のアレンジも良く、どちらも良いシングル曲です。しかも、シングル曲とはいいながら、ジャケット写真も良い。特に「アン・ドゥ・トロワ」のジャケット写真は、当時から、僕のお気に入り中のお気に入りですね。

スーちゃんの声は、明るくて、しっかりしている。芯がシッカリしていて、通りの良い声で、ボーカルコーラスの「柱」となる存在、スーちゃんの声はそんな印象があります。この「アン・ドゥ・トロワ」と「やさしい悪魔」でも、スーちゃんのボーカルはシッカリとコーラスの真ん中にいます。明るくてしっかりしたスーちゃんのボーカルを幹に、ランちゃんとミキちゃんのボーカルが絡む、これがポップでキュートで明るい、キャンディーズのコーラスの魅力でしょう。グループとしては「ランちゃん」を中心に据えていましたが、ボーカルコーラスの中心は「スーちゃん」でしょう。 

とにかく、大ショックな出来事でした。自分としての感性を確立した高校生の頃から、リアルタイムで経験し続け、自らの人生に何らかの良い影響をもたらしてくれた人達が鬼籍に入るのは「とても辛い」。これから、こういう機会は増えていくのでしょうが、その度に辛い思いをするのはなあ。それが人生だから仕方の無いことだけど、出来れば避けて通りたいことではあります。

 

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいています。ユーザー名「v_matsuwa」で検索して下さい。
 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 鼻歌でも歌うかのように・・・ | トップページ | チェコ出身のジャズ・ベーシスト »

コメント

田中好子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
芸能関係の方の訃報の中で、自分が受けたショックで一番大きかったものが加藤和彦さんの件、そして二番目が今回の田中好子さんの死去になると思います。
今日テレビで通夜の映像を見ました。
思わず泣きました。
追伸-
自分は、春一番と夏が来た!が一番のお気に入りです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39725454

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーズの想い出:

« 鼻歌でも歌うかのように・・・ | トップページ | チェコ出身のジャズ・ベーシスト »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ