最近のトラックバック

« 70年代米国ルーツロックの終焉 | トップページ | ジャズとイージーリスニングの境目 »

2011年4月 3日 (日曜日)

世界はゲットーだ!

浪人して大学に入って、その時のロックの状況に失望し、ロックを離れて、ジャズかR&Bに走ろうと思った。高校時代、70年代ロックに熱中している傍らで、密かに、ジャズとR&Bも聴いていた。

しかし、ジャズを聴いている、と言うと「おじんくさい」と言われるし、R&Bを聴いている、というと「おたく」と言われるし、まあ、当時は穏便にロックを聴いている、と一言で済ましておくほうが、なにかと都合が良かった。まあ、なぜジャズなのか、なぜR&Bなのかを説明するのが面倒だからね。

まあ、一言で言うと、オフ・ビートのブラック・ファンク、ゴスペルが子供の頃から好きだったからなのだ。ロックだって、オフ・ビート、ブルースという感覚が、自分の感性にバッチリとフィットしたからだ。ただ、ロックはあくまでも商業音楽。もう少し、ストイックでど真ん中なオフ・ビートのブラック・ファンク、ゴスペルチックな音楽が聴きたかった。まあ、当時のパンク・ロックは全く、僕の感性に合わなかったしね。

高校時代、ロックの傍らで聴いていたR&Bのバンドのひとつに「War」がある。L.A.のゲットーから60年代末に出てきて、70年代いっぱいにかけてヒットを連発した、ファンキーなバンド。メンバー構成が、様々な人種の混合バンドだったので、それはそれはユニークなR&Bになっていた。

Warのメンバーの共通の出身地は、L.A.のサウス・セントラル地区に隣接する街で、住人の大半がアフリカ系とヒスパニック系。よって、Warのサウンドには、黒人音楽とラテン音楽の要素が色濃い。そこに、それぞれのメンバーが持ち込む英国風味のアメリカ南部の音楽と、ヨーロッパ風の端正なハーモニカが加わり、War独特のクロスオーバーなR&Bが出来上がった。

その最初の成果が、1972年11月にリリースされた『The World is a Ghetto』(写真左)。このアルバムには、「世界はゲットーだ(The World Is A Ghetto)」(1972年7位)、「シスコ・キッド(The Cisco Kid)」(1973年2位)の2枚のヒット・シングルが含まれており、僕が初めてWarに触れたのは、中学生の頃、「世界はゲットーだ」だった。

The_world_is_ghetto

この曲をラジオの深夜放送で聴いたショックは良く覚えている。これって何、と思った瞬間、同時に「これは良い」と思った。しかし、周りにこのクロスオーバーなR&Bなバンドの話をするのには、なぜか憚られた。それだけ怪しげな、音とリズムの混合でしたね。凄い音楽が米国では流行っているんだ、と軽いショックを受けました。

今の耳で聴いても、このWarの音はユニークだ。冒頭は「The Cisco Kid」。この1曲で、Warの音の特徴がしっかりと把握できる。R&Bとラテン音楽の融合。全体を覆う音の雰囲気は、当時、米国西海岸に残っていた「サイケデリック・ロック」なもの。

実にクールな響きを宿したR&Bとでも表現したら良いのか、モータウンを代表する黒人が演出する、商業音楽的なR&Bとはちょっと違う。音がクールなのだ。そのクールなR&Bは、2曲目の「Where Was You At」にも引き継がれる。この曲もクールな「R&Bとラテン」のクロスオーバーな音が詰まっている。それは、5曲目のヒット曲であり、Warを代表する名曲「The World Is A Ghetto」でも炸裂する。

そして、Warの音楽でユニークなのは、3曲目のインストルメンタル・ナンバーの「City, Country, City」。この演奏には、R&B、ジャズなどの米国ルーツ・ミュージックとラテン音楽、そして、欧州の大衆音楽、米国西海岸のサイケデリック・ロック、様々な音楽の要素がごった煮に詰まっていて、しかもそれがクールなオフ・ビートに乗って展開されるという、実にユニークな、War独特のクロスオーバーなR&Bがここにある。このインスト・ナンバー「City, Country, City」が、Warの、唯一無二な、他にフォロワーを作ることの無かった、圧倒的なユニークさを物語っている。

レコード会社のキャッチ「73年のビルボード年間アルバム・チャートにおいて見事1位を記録した、ウォーの大傑作。ソウル、ファンク、ジャズ、ラテン…を絶妙にミックスアップした、ウォー・サウンドの真骨頂がここに!」。正にその通り。正に言い得て妙。素晴らしいキャッチですね。War独特のクロスオーバーなR&B、これがとにかくユニークで、一度「はまる」と、とことん「はまります」。事実、僕は、Warに出会って、早35年以上が経過していますが、未だに抜け出すことができません(笑)。

 

がんばろう日本、自分の出来ることから始めよう。震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。

ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいていますので、よろしくお願いします。ユーザー名「v_matsuwa」で検索をかけたら出てきます。
 

Fight_3

★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 70年代米国ルーツロックの終焉 | トップページ | ジャズとイージーリスニングの境目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39475758

この記事へのトラックバック一覧です: 世界はゲットーだ!:

« 70年代米国ルーツロックの終焉 | トップページ | ジャズとイージーリスニングの境目 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ