最近のトラックバック

« 日本フュージョンの古典的優秀盤 | トップページ | Chick Corea Elektric Band »

2011年3月23日 (水曜日)

楽しくポップな「バグス」

絵が好きである。もともと図画は得意中の得意。工作は手先が不器用なので全く駄目だが、図画は得意。小学校から中学校まで、絵で表彰されること数知れず。高校時代は芸大進学を勧められた。
 
特に、近代〜現代絵画が好きで、キュービズムからシュールレアリズム、そして、アブストラクトな抽象芸術まで、どれをとっても大好き。学生時代、博物館実習では、万博跡地にあった国立国際美術館を選択した位だ。
 
現代絵画・現代美術といえば、ニューヨーク近代美術館(通称:MoMA)。1993年に一度だけ訪れたことがある。これが期待に違わぬ内容。丸一日、MoMAに入り浸りだった。あの美術館の独特の空間は忘れられない。現代絵画・現代美術好きであれば、至福の空間であることは間違い無い。そして、その至福の空間に、ポッと安らぎの「庭」があった。
 
「ニューヨーク近代美術館」というキーワードだけで、このアルバムを手にした。ヴァイブの巨匠ミルト・ジャクソン(ニックネームは「バグス」)が、お気に入りのメンバーを従えて、ニューヨークのMoMA・彫刻ガーデンで繰り広げた野外コンサートのライヴ。タイトルは『MILT JACKSON AT THE MUSEUM OF MODERN ART』(写真左)、邦題が『近代美術館のミルト・ジャクソン』。この邦題を見れば、MoMAに憧れる者ならば、絶対に手にするよな(笑)。
 
1965年8月12日の録音。ちなみにパーソネルは、James Moody (fl, vo) Milt Jackson (vib) Cedar Walton (p) Ron Carter (b) Otis "Candy" Finch (ds)。なかなか豪華なメンバーである。特に、リズム・セクションが良い。このリズム・セクションであれば、ミルトは、かなり自由に、好きなインプロビゼーションが展開出来たのではないか。
 
Milt_jackson_moma
 
このライブ盤でのミルトのヴァイヴは、MJQのそれとは全く異なるテイストである。ポップでリズミカル、判り易いメロディーとリズミカルなフレーズ。ジェームス・ムーディーのポップなフルート&ボーカルと相まって、全編、とても楽しくポップな演奏が繰り広げられていて、実に聴き易いライブ盤に仕上がっている。
 
ミルトのヴァイヴと言えば、ファンキーでジャジー。特にブルージーな翳りを湛えたフレーズは、ジャズ者の心の吟線に大いに響き、ミルトのヴァイヴはジャズそのものである、とまで言われた(ほんまかいな)。でも、ミルトのヴァイヴって、それだけじゃ無かったんですね。
  
ミルトの音楽性は意外と裾野が広く、ポップでメジャーな演奏も結構いけるんですよね。1970年代、後に、クロスオーバー&フュージョンの代表的レーベルであるCTIの看板ミュージシャンの一人となった訳ですが、このライブ盤の演奏を聴くと、それも納得の「ポップでメジャーな楽しさ」が満ちあふれています。
 
まあ、途中、ミルト・ジャクソンのヴォーカルまで飛び出す位ですから、このライブって、きっと楽しさに満ちあふれていたんでしょうね。その場に居合わせたかったなあ。バックのメンバーの演奏もバッチリと決まっていて、とても楽しい演奏になっています。美術館でのライブというシチュエーションがそうさせたのかなあ。観客も拍手喝采。
 
ラテン調の曲が楽しい。リラックスした会場の雰囲気にリードされて、ミルトを始めとして、演奏メンバー全員、ポップでポジティブなインプロビゼーションを繰り広げる。録音状態がちょっと良くないのが「玉に瑕」だが、これだけ楽しくポップな演奏であれば、それも許せるってもんやね。良いライブ盤です。
   
さて、震災についての状況や松和のマスターの周りの様子や気持ちなどは、毎日、出来る限り、Twitterにて、つぶやくようにしました。
  
ユーザー名は「v_matsuwa」、名称は「松和のマスター」でつぶやいていますので、よろしくお願いします。ユーザー名「v_matsuwa」で検索をかけたら出てきますよ〜。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 日本フュージョンの古典的優秀盤 | トップページ | Chick Corea Elektric Band »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39341847

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しくポップな「バグス」:

« 日本フュージョンの古典的優秀盤 | トップページ | Chick Corea Elektric Band »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ