最近のトラックバック

« 熱気溢れるジャズの格好良さ | トップページ | 東日本大震災に遭遇しました・2 »

2011年3月12日 (土曜日)

東日本大震災に遭遇しました。

昨日の14時46分、委託先での打合せ中、被災しました。とにかく、凄い横揺れでした。最初、軽い横揺れから始まったので、まずは震源直下では無いと判断し、大事には至らないと判断したのですが、これだけ凄い横揺れが来るとは驚きました。
 
その横揺れも、ギアチェンジするように、グイッグイッグイッと横揺れが強く大きくなっていき、身体が左右に強く振られ、揺れ始めから30秒を過ぎる頃には、さすがに身の危険を感じました。直後に来た余震も相当激しく、さすがに自宅の様子と家族の安否が気になりました。
 
ニュースでは震度5強との情報でしたので、感じた割には震度は低かったんやなあ、と安堵したのですが、携帯は繋がらない、通常電話も繋がらない、メールも繋がらない、加えて、鉄道全線マヒ状態、JRなどは夕方早々に終日運転見合わせを決め込んでしまいました。
 
家族の安否については、うちの嫁はんの対応素早く、まだ携帯無線が縮退される前に、地震直後の部屋の中を写した携帯カメラでの速報メールが来たので、とりあえず元気なのは確認できたのですが、その写真(下の写真参照)を見てビックリ。我がバーチャル音楽喫茶『松和』の大本営、我が家の四畳半の書庫が壊滅状態ではありませんか(写真左)。
 
写真真ん中のビジネスチェアを見て欲しいのですが、座る部分まで、本とCDで部屋が埋まっています。本棚とCD棚の本とCDは全部投げだされています。いかに横揺れが凄かったかが判ります。かたや、台所は食器棚から食器が投げだされ、フライパンや鍋は所定の場所から飛ぶように落下。大惨事となっています(写真右)。
 
そして、私は帰宅困難者いわゆる通勤難民となり、東京メトロが動き始めて(東京メトロさん、素晴らしい対応でした、ありがとうございます)、夜中1時過ぎに、まずは委託先から自社へ移動し、しばらく、テレビとネットの情報を自ら分析して、体勢を立て直す。
 
そして、家から歩いて3時間くらいの地点にある地下鉄運行の終点まで行って、3時間歩いて帰るか、と気合いを入れていたら、同じ帰宅方向の社員がたまたま残っていて、奥方が車でその終点の駅まで迎えにくるので、一緒に帰りましょうと誘ってくれて・・・、いや〜有り難かったです。それでも、3時半位に会社を出て、家に帰り着いたのは、今朝の朝7時過ぎでした。
 
20110311_
  
真っ先に家の中の状態を確認。嫁はんからの写メで大まかな情報は入っていたので、想像した通りの惨状でした。これは気象庁が発表している「震度5弱」ではありません。震度5弱と言えば、2005年7月23日の千葉県北西部地震を体験していますが、応接間のCDが散乱したくらいで、洋服タンスなどはほとんど移動すること無く、書庫も本が数冊落ちただけでした。今回は、6年前の「震度5弱」の被害とは比べものにならない位の壊滅状態です。気象庁の発表する震度については疑義が深くなりました。
 
さて、それから朝食もそこそこに、ほぼ壊滅状態の家の中の片付けです。僕は、当然のことながら、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の大本営、我が家の四畳半の書庫の復旧担当。5時間かかりました。
 
CDのプラケースが割れたCDが約30枚程度。ボックス盤の損傷10セット程度。一番、ダメージが懸念されたオーディオ・スピーカーは、メインは嫁はんの活躍もあり、奇跡的に無傷。サブのスピーカーは、エッジ部分に凹みが生じましたが、なんとかセロハンテープで復元に成功。寝室のスピーカーは、これも奇跡的に無傷。バーチャル音楽喫茶『松和』の生命線である、オーディオ・セット3兄弟が無事だったことはなによりでした。
 
しかし、家全体では、障子一本の桟がこなごなになり、食器の割れは多数。フライパンの蓋の変形、冷蔵庫や洋服ダンス、整理ダンス、テレビ台などは、それぞれ50センチ程度移動。かなり大きくて重い家具類が全て移動しているので、やはり横揺れが凄かったことを改めて認識しました。逆に、まだまだ夜は冷え込むので、ガラス戸の損傷が無かったのは幸いでした、
  
夕方、和室を除いて、応接間を含めて、本日の復旧活動は終了。なんとか、被災前の状態にまで復旧しました。昨日の朝、起きたのが6時だったので、34時間起きたまま。昨日の大地震発生から、ずっと起きっ放しでした。さすがに有事なので、適度な緊張感を維持すると、まだまだ徹夜もできるものなんやなあ、と変に感心しました。復旧活動を終えて、2時間ほど、泥のように眠りました。 
 
今回の震災は余震が激しい。昨晩から今日の昼にかけては、5分〜10分程度の間隔で、かなり体感できる余震が頻発したような感覚です。最後には、地面が揺れているのか、自分が揺れているのか、どっちなのか、さっぱり判らんようになりました。それほど、今回の余震は激しいです。 
 
最後に、今回の東日本大震災は、東北地方の皆さんの被災状況が甚大で、テレビの報道を見る度に、安否確認もおぼつかない状況、胸がつぶれるように痛みます。津波で家も街も一瞬のうちに失ってしまった悲しみ。我が事のように心が痛みます。本当に、心からお見舞い申し上げます。
 
今日は、ジャズのお話は「お休み」。僕自身もかなり疲れました。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 熱気溢れるジャズの格好良さ | トップページ | 東日本大震災に遭遇しました・2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39203695

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災に遭遇しました。:

« 熱気溢れるジャズの格好良さ | トップページ | 東日本大震災に遭遇しました・2 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ