最近のトラックバック

« 東日本大震災に遭遇しました・2 | トップページ | 夜の「計画停電」が回ってきた »

2011年3月14日 (月曜日)

地震の次は「計画停電」

東北関東大震災が起きて3日目。余震はまだまだ続いている。今日も、ここ千葉県北西部地方でも、震度3〜4の余震が3つくらい。座っていると揺れていると判る弱い地震も、昨日、一昨日ほどではないにしろ、かなりの回数になる(数えるのが嫌になるくらいユラユラくる)。東北の被災地では震源が近い分、もっと強い揺れを感じておられるのだろう。心が痛む。
  
昨晩遅く、いきなり発表された「計画停電」(図参照)。「計画停電」とは、「地域をいくつかに分割し、地域毎に一定時間ずつ電力供給を止めるというもの。この措置により、電力供給以上に電力需要が生じることで起き得る大規模な停電を避けることが可能になる」というもの。しかし、夜9時を過ぎて、いきなり明日の朝から「計画停電」を実施するって、あまりに急すぎるではないか。
 
計画されたものとは言え、電気の供給を止めることは、命の危険にされられる方々もおられる訳で、こんなに急に、その実施が発表されるものではないだろう。ビックリした。特に、巨大地震の発生後、この土日は、そんな話は全く無く、とりあえず、身の回りの危機的状況は回避した、と安堵していたので、テレビを見ていて、いきなり「計画停電」の発表があった時には耳を疑った。
 
しかも要領を得ない。いったい何時停電するのか、良く判らない。まあ、子供の頃、大阪の南に住んでいた頃、結構日常で「計画停電」があった記憶があるので、あまり戸惑うことは無いんだが、今の時代、一般的には「計画停電」なんてことは滅多に無いので、恐らく、相当混乱するのでは、と不安になる。しかも、明朝の電車の運行状況が判らない。まさか通勤用の幹線路線が止まるってことは無いだろうと軽く考えて寝た。
 
そして、今朝起きて、状況をチェックしてビックリ。あらら、通勤用の幹線路線が始発から運転見合わせ。予想では終日運休とのこと。会社に行くことが出来ない。困ったなあ、と思いながら、9時前に会社に電話しようと思ったら、有線電話、携帯電話共に繋がらない。
 
皆、一斉に東京に向けて電話しているので、全く繋がらない状態になっているのだ。これは、11日の巨大地震発生後の状況と同じ状況。これには困った。とにかくメールだけは送ったが、しばらく返信は返って来ない。なんとか、こちらの状況が会社に伝わったのが、メールをして20分後。それでも電話は繋がらない。直ぐに繋がるようになったのは、正午を過ぎてから。結局、今日は一日自宅待機ということに。
 
201103_
 
午前中、電池など、自宅にストックが無くなっていた「停電時に必要なもの」を買いに出たのだが、どこにも無い。品切れである。ホームセンターに開店10分後くらいに着いたら、既に人が溢れている。停電時に必要なものは、あっと言う間に売り切れたらしい。
  
しかし、トイレットペーパーとかキッチンペーパーとか、紙おむつ、犬の餌まで無くなるとは、いかなることか。心無い方々が大量に買い占めていったらしい。別に、ここは、東北地方のように、巨大地震に被災している訳ではないのに。東京一円の人間が当面必要ではない、潤沢とは言わないまでも、ある程度は供給されるであろう物資を「無くなったら困るから」という安易な気持ちだけで、買い占めに走るのはいかがなものか、と思う。
 
「計画停電」でスーパーやお店は臨時休業状態のところがほどんど。ATMも「計画停電」に計画されている時間帯は使用不可と街は機能不全状態。コンビニもカップラーメンやパン類など、ファーストフード類は、ほぼ売り切れ状態。う〜ん、「計画停電」で、一日2〜3時間、電気の供給が止まるだけで、食糧不足に陥ることはないのだが・・・。東北地方で実際に被災されている方々の状況を思うと、なんともはや、やるせない気持ちになる。
  
しかし、私の地区は「計画停電」による停電はありませんでした。有り難いことです。企業を含め、皆の節電によって、大規模な「計画停電」には至らなかったのでは、と思っています。我が家も僅かながら、本当に必要最小限の電力に絞って(夜間停電時の訓練も兼ねて)、節電に協力しました。よって、「計画停電」の終了する午後7時まで、部屋の中は、ほぼ真っ暗。それでも、被災地では電力が来ていないのですから、これだけでも贅沢というか、有り難いことです。
 
今回の東北関東大震災は、東北地方・及び茨城県・千葉県太平洋沿岸、そして長野県北部の皆さんの被災状況が甚大で、テレビの報道を見る度に、安否確認もおぼつかない状況、胸がつぶれるように痛みます。津波で家も街も一瞬のうちに失ってしまった悲しみ。我が事のように心が痛みます。本当に、心からお見舞い申し上げます。
 
よって、今日もジャズのお話は「お休み」。さて、明日の「計画停電」はどうなるんだろうか・・・。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 東日本大震災に遭遇しました・2 | トップページ | 夜の「計画停電」が回ってきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39227927

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の次は「計画停電」:

« 東日本大震災に遭遇しました・2 | トップページ | 夜の「計画停電」が回ってきた »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ