最近のトラックバック

« 小粋でハード・バップな佳作・1 | トップページ | ハービーの「ニューポートの追想」 »

2011年3月 8日 (火曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・19

村上春樹さんが、著書「意味がなければスイングはない」で、シダー・ウォルトンを採り上げ、べた褒めしているのを読んで、んん〜っと思って早幾年。
 
Cedar Walton(シダー・ウォルトン)。1934年1月生まれ。1960年代の初め、ピアニスト、アレンジャーとして、Art Blakey & Jazz Messengersに籍を置き、Freddie Hubbard (tp), Curtis Fuller (tb), Wayne Shorter (ts), Reggie Workman (b) と活動を共にし、幾枚かの名盤を残した。Jazz Messengersを脱退後は、フリーで様々なミュージシャンとアルバムを残している。
 
シダー・ウォルトンについては、ちょっと前、2009年9月21日のブログ(左をクリック)で、彼の代表作の一枚、1967年リリースの『Cedar!』について語っているので、そちらも一読頂きたいのだが、今回は、シダー・ウォルトンのピアノ・トリオの佳作をご紹介したい。
 
新宿ピット・インで、1974年12月23日に行なったライヴ実況盤である。その名も、まんまの『Pit in』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Cedar Walton (p), Sam Jones (b), Billy Higgins (ds)。パーソネルを見ただけで、よほどのことがなければ、このピアノ・トリオのライブ盤は良い出来になる気配がプンプンする。
 
リーダーのシダー・ウォルトン、ベースのサム・ジョーンズ、ドラムのビリー・ヒギンスとは既知の間柄だったらしく、冒頭から、和気あいあいのリラックスした雰囲気。リラックスした雰囲気の中で、加えて、新宿ピット・インという小規模なライブハウスというシチュエーションも相まって、優れたジャズメン達の、普段着なジャズの「凄みとスリル」が満載である。
 
Ceder_walton_pitinn
 
シダー・ウォルトンのピアノは、どちらかといえば派手さはなく、じっくり聴かせるピアニストである。ピアノの音の芯が崩れない、というか、音の強弱、音の緩急によって音が崩れること無く、クッキリしているのが特徴。
 
クッキリしているが、その音は「角が立っている」訳では無く、優しく丸いピアノのタッチが実に特徴的。早いパッセージの曲も、耳にケンケン響くことなく、丸く柔らかに、適度なテンションをもって、ポジティブな音色を聴かせてくれる。そのテクニックは優秀の一言。
 
ピアノ・トリオの「佳作の条件」は、他の2人。ベースとドラムの出来も良いことが挙げられる。このライブ盤では、ベースのサム・ジョーンズ、ドラムのビリー・ヒギンスの出来も申し分無い。サム・ジョーンズの野太い、ベースの胴がブルブル震えるようなソロは迫力満点、ビリー・ヒギンスのドラミングは、ハードバップを超えた、実にコンテンポラリーな響きを宿した、オーソドックスではあるが、当時の時代の先端をいくドラミング。
 
良いピアノ・トリオのライブ盤です。録音も良いですし、新宿ピット・インでのライブに参加しているような観客の熱気がまた良いアクセントになっています。さすが「メイド・イン・ジャパン」ものである。シダー・ウォルトンのピアノが良い響きです。
 
最後に、このライブ盤の唯一の「問題点」がジャケット・デザイン。このデザインはなあ。East Windレーベルは、ジャケット・デザインが玉石混淆としていたんだが、このデザインは「ハズレ」orz。決して、ジャケ買いしないで下さい(笑)。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 小粋でハード・バップな佳作・1 | トップページ | ハービーの「ニューポートの追想」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39156733

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・19:

« 小粋でハード・バップな佳作・1 | トップページ | ハービーの「ニューポートの追想」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ