最近のトラックバック

« ジャズ・ボーカルを学び直す | トップページ | 「The Beatles USB BOX」をゲット »

2011年2月18日 (金曜日)

このデュオは本当に絶品である

ジャズを聴き始めた頃、これは凄い、と聴いた瞬間に感じ、それ以来、ずっと追いかけているデュオ・ユニットがある。Chick Corea(チック・コリア)&Gary Burton(ゲイリー・バートン)のデュオ。今や、ジャズ・ピアノの重鎮チックとヴァイヴの重鎮バートンとのデュオである。
 
これがまあ、言葉で表現するにあまりに拙いのであるが、クリスタルで硬質、硬軟自在、変幻自在、魅惑的なユニゾン&ハーモニー、モーダルで印象的なフレーズ、心地良く美しい響き、ハイテクで疾走感あふれるインプロビゼーション。もうジャズの即興演奏の良いところを全て備えた、ピアノ&ヴァイヴの異色の組合せ。
 
但し、決してファンキーでは無く、決してバップ的では無い。現代のジャズ界で十分通用するコンテンポラリーなジャズ。ポップと言うよりはモーダル。それでいて、実にキャッチャーなフレーズが満載。チック&バートンの演奏には歌心が満載。だから、聴いていて心地良いし、何回聴いても飽きない。
 
そんなチック&バートンの傑作ライブ盤が『In Concert Zurich Oct 28, 1979』(写真左)。発売当時の邦題は『クリスタル・サイレンス・ライブ』。今では「チック・コリア&ゲイリー・バートン・イン・コンサート」と呼ばれている。スイングジャーナル誌のゴールドディスク、そしてディスク大賞・金賞も受賞している名盤である。
 
冒頭1曲目の「Señor Mouse」から、もうメロメロである。疾走感。そして、ピアノとヴァイヴの魅力的な響き。そして、チック&バートンのハイテクニックではあるが、決して耳障りにならない、転がるように美しいユニゾン&ハーモニー。しかも、曲自体が持つフレーズがキャッチャー。この1曲だけでも、このデュエットの素晴らしさが良く判る。
 
続く「Bud Powell」も名演。転がるように愛らしい、明るくポジティブな響きのメイン・フレーズが実に良い。続くチック、そしてバートンのインプロビゼーションの素晴らしさ。特に、4本マレットのヴァイヴの魔術師ゲイリー・バートンのそのヴァイヴの響きたるや絶品である。
 
Chick_burton_in_concert
 
しかし、気を付けなければならないのは、このライブ盤、LP時代とCD時代と収録曲数が異なる。LP時代は2枚組で、C面の1曲目、2曲目にあった、バートンのソロ「I'm Your Pal / Hullo, Bolinas」と、チックのソロ「Love Castle」が、CDには収録されていない。
 
実はこのソロが、これまた絶品なのだ。しかも、チック、バートンそれぞれの個性がはっきりと判る。それぞれの個性を踏まえ、二人のデュエットを愛でる。そんな当たり前なことが、LP時代では可能であったのだが、CD時代になって、CD1枚に納めたいが故、オミットされた。なんてことをするんだ、マンフレッド・アイヒャー。
 
この二人のソロはオミットすべきではない。この二人のソロは、このライブ盤においては必須だろう。しかし、マニアの方には朗報。2009年で、突如、ECMからリリースされた4枚組ボックス盤『Crystal Silence, The ECM Recordings 1972-79』に、CDとして初めて収録されました。
 
LP時代の『In Concert Zurich Oct 28, 1979』と同じ収録曲で、CDフォーマットで愛でるには、このボックス盤が必要になりますが、マニアにとっては仕方が無い。僕はダウンロード・サイトから購入しました。
 
とにかく、このライブ盤は絶品です。チックの硬質なタッチの、歌心溢れるメロディアスなフレーズは本当に素晴らしいし、バートンのヴァイヴは、まさに「4本マレットの魔術師」で、それはそれは、目眩くヴァイヴ独特の長く響く音と転がるようなフレーズ。
  
ジャズという既成の枠を遙かに超えた、優れた演奏家2人による、ピアノとヴァイヴの2台の楽器の「純粋な音楽」「純粋な演奏」がそこにある。
 
今でも、冒頭の2曲「Señor Mouse」〜「Bud Powell」を聴くと、震えが来るほど心が揺さぶられ、感動する。その感動が、今でも「ポジティブな感動」なのが、僕はとても嬉しい。 
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« ジャズ・ボーカルを学び直す | トップページ | 「The Beatles USB BOX」をゲット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/38923047

この記事へのトラックバック一覧です: このデュオは本当に絶品である:

« ジャズ・ボーカルを学び直す | トップページ | 「The Beatles USB BOX」をゲット »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ