最近のトラックバック

« 続・「The Beatles USB BOX」 | トップページ | 唯一無二な、過激な個性 »

2011年2月21日 (月曜日)

不思議な欧州ピアノ・トリオ

最近の日本ジャズ・ミュージシャンの活躍には目を見張るものがある。特に、日本女子ジャズ・ミュージシャンの活躍には目を見張るものがある。欧州でも米国でも、最近、活躍するジャズ・ミュージシャンは皆、日本人女子である。
 
今回、たまたま、iTunesを徘徊していて見つけた平林牧子もそんな一人。クラシック・ピアノやバイオリンに手を染めながらもジャズへ転向、バークリー音大に学び、1990年にデンマークへ移住。以来、コペンハーゲンを拠点に活動を続けている日本人女性ピアニストである。もう20年ぐらい、デンマークのコペンハーゲンに在住と聞くので、もはや日本人ミュージシャンというよりは、欧州ミュージシャンといって良いかもしれない。
 
初めて平林牧子を体験したアルバムが『MAKIKO / マキコ』(写真左)。名門enja(エンヤ)からリリースされたアルバムである。ジャケットから受ける印象は、柔らかで爽やか。しかも、欧州ジャズの名門enjaからのリリース。これは期待が持てるアルバムである。
  
これが、ですね。実に欧州ジャズしているというか、ちょっとジャズから外れているというか、なんか不思議な内容のピアノ・トリオ盤なんですね。ちなみにパーソネルは、Makiko Hirabayashi(p) ,Klavs Hovman(b), Marilyn Mazur(ds,per)。2005年10月コペンハーゲン録音になる。
 
平林のフレーズの響きはヨーロピアン。でもその旋律はアジアンテイストな、実にユニークなもの。ちょっとエキゾチックでフォーキーなフレーズは、今まで聴いたことのない欧州ジャズ・ピアノ・トリオである。こんなジャズ・ピアニストが欧州はコペンハーゲンで生息しているとは、しかもそのピアニストが日本人であるとは、なんともはやジャズとは懐の深い音楽である。 
 
Makiko
 
そのエキゾチックな雰囲気を増幅するのが、Marilyn Mazurのドラム&パーカッション。Marilyn Mazurのドラム&パーカッション単体でも聴く価値のある、現代音楽的でフリーな自由度の高いドラム&パーカッションの展開と響き。
 
これは、どう聴いてもジャジーでは無い。しかも響きは硬質でクリスタル。欧州ジャズの雰囲気を強く残しつつ、無国籍な純粋なドラム&パーカッションのみのインプロビゼーションは、実に個性的である。
 
平林のピアノも実に個性的。サード・ストリーム寄りの幾何学模様的な展開も、とても「不思議」。ユニークと言うよりは聴いていて「不思議」な気分にさせてくれる。彼女のフレーズの底に流れるのは、ジャジーなビート。ブルースを基調にしていることは明らか。
 
そういうところは明らかにジャズなんだが、インプロビゼーションの方法論は、実に現代音楽的であり、クラシック的である。加えて、実に「ストイック」な展開。これをなんと表現したら良いか。従来の応手ジャズでは無い。しかも誤解を恐れずに言うなら、これは実に「ジャズらしくない」ピアノ・トリオである。
  
実に「不思議」な欧州ピアノ・トリオである。瞑想的・抽象的でもあるし、幾何学的でもある。サード・ストリーム的とも言えるが、底に流れる雰囲気はジャジーであるブルージーでもある。これは実に面白い個性ではある。しかし、メインストリームなジャズでは無いことも確か。これからどういう展開を経ていくのか、ちょっと暫くは目を離せない、欧州の日本人ジャズ・ピアニストの一人である。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 続・「The Beatles USB BOX」 | トップページ | 唯一無二な、過激な個性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/38962192

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な欧州ピアノ・トリオ:

« 続・「The Beatles USB BOX」 | トップページ | 唯一無二な、過激な個性 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ