最近のトラックバック

« 実は「The Who」は奥が深い | トップページ | Fride Prideの新作はええぞ〜 »

2011年2月27日 (日曜日)

ジャズの小径・2011年2月号です

グラミー賞というのは、昔から気にしてはいるんだが、その選考基準については、僕にとっては理解しがたい、というか、理解出来ないところがある。何であんなアルバムが選ばれたんや、とか理解に苦しむ選考が多々ある。
 
しかし、日本人が選ばれるとなれば話は別である。去る2011年2月14日(現地時間13日)、第53回グラミー賞授賞式が行われ、日本のポップ・ロックの雄、B'z のギタリスト、松本孝弘と、アメリカのギタリスト、フュージョン&スムース・ジャズギタリストの雄、ラリー・カールトンによる共演作『TAKE YOUR PICK』がアメリカの音楽賞であるグラミー賞のベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞しました。
 
日本人のミュージシャンがポップ部門で同賞を受賞するのは初めての事です。グラミー最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムを受賞。いや~目出度い。いや~ビックリしました。密かにヘビーローテーションな一枚として愛でていたアルバムが、グラミー賞を受賞するとは・・・。
 
Tak_larry_c
 
と言うことで、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)の月次更新のコーナー、「ジャズの小径」の2月号の更新です。2月って28日までしかなかったんだよな。今日は27日。月次更新の連続記録が途絶えるところでした(笑)。
 
今月の「ジャズの小径」は、ポップ部門で、このグラミー最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムについては日本人初の受賞になる、Larry Carlton&Tak Matsumotoの『TAKE YOUR PICK』について、詳細に渡って語っています。
 
たねを明かせば、2月14日のブログの再掲ですが、少し加筆修正を加えてはいます。でも、 グラミー最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムについて、日本人初の受賞です。聴けば判る名盤のLarry Carlton&Tak Matsumotoの『TAKE YOUR PICK』。あまり、文章で評論家然として、アルバム評をするのは好きじゃないですが、メモリアルとして、この「ジャズの小径」に再掲することとしました。
 
さあ、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)まで、遊びに来て下さい。ジャズ者初心者向けの、松和のマスターが考えるジャズ初心者向けアルバムを多々ご紹介しています。肩肘張らず、ただただ気楽にご訪問下さい m(_ _)m。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 実は「The Who」は奥が深い | トップページ | Fride Prideの新作はええぞ〜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/39038688

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの小径・2011年2月号です:

« 実は「The Who」は奥が深い | トップページ | Fride Prideの新作はええぞ〜 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ