« ジャズの小径・2011年1月号です | トップページ | ペトのベスト盤的な「ライブ盤」 »

2011年1月30日 (日曜日)

タイトルに惑わされるなかれ

1980年代、ウィントン・マルサリス一派を中心とした「ハードバップ復古」の動きがジャズ界を席巻した。「新伝承派」なんてジャンル言葉もあったなあ(定着しなかったけど)。
 
そんなハードバップ復古、メインストリーム回帰の動きの中で、新しく出てくる若く有能なテナー奏者は、こぞってコルトレーンを極めようとした。猫も杓子もコルトレーン・スタイルのテナー奏者ばかりで、聴く方は「耳にタコ」状態。
  
確かに、コルトレーンは、ジャズ・テナーの世界では、そのテクニックは最高に位置し、テナー奏者としては、コルトレーンを目指したい、極めたいという気持ちは良く判る。けど、ハイ・テクニックな演奏ばかり聴かされても、また、同じスタイルの演奏ばかりを聴かされても、演奏している方は一人なので十分に満足なんだろうが、聴く方は複数のテナー奏者を聴くこととなるので、同じスタイル、同じ奏法でやってこられると「もうええわ」という感じになる。
 
ここに、ケニー・ギャレットの『Pursuance: Music of John Coltrane』というタイトルのアルバムがある。ケニー・ギャレット(Kenny Garrett)は、1961年アメリカ生まれ。サックス奏者。1987年、マイルス・デイヴィスのグループに参加、マイルス晩年時代の門下生である。シンプルで判り易い展開とコード変化が特徴で、結構難しいことをやっているのにも拘わらず、ギャレットのサックスは結構、聴き易い。
 
さて、この『Pursuance: Music of John Coltrane』(写真左)というタイトルを見ると、これまた、若手サックス奏者のコルトレーン・スタイルのアルバムか〜、と触手が伸びなくなる可能性大である。それだけ、コルトレーン・スタイルの若手サックス奏者のアルバムは巷に溢れており、どれもが判で押したように、コルトレーンのコピーに終始している印象のものばかり。食傷気味になるのも当たり前。
 
しかし、パーソネルを見渡して見ると、ちょっとこのアルバムは趣向が違うのか、と思いたくなる。ちなみにパーソネルは、Kenny Garrett (as), Pat Metheny (g), Rodney Whitaker (b), Brian Blade (ds)。1996年2月の録音である。ところがである。んんっ、ギターにパット・メセニーの参加が目を惹く。しかも、ドラムはブライアン・ブレイド。これって、単なるコルトレーン・トリビュートのアルバムじゃあ無いのでは、と思い始める。
 

Kenny_garrett_coltrane

 
聴き始めると、その通り、単なるコルトレーン・スタイルをコピーしようとした、トリビュート・アルバムでは無い。確かに、コルトレーンが十八番とした楽曲を中心に選曲され、ギャレットのアルトもコルトレーン・スタイルを踏襲している。

と、言えばそうなんだが、単なるスタイルのコピーでは無く、コルトレーン・スタイルをギャレット風にアレンジして、「ギャレット風コルトレーン奏法」になっている。シンプルで判り易いコルトレーン風展開になっていて、そこにそこはかとなく、ギャレットの個性・語法がしっかりと織り交ぜられているところが良い。
 
そして、現代ジャズ・ギターの雄、パット・メセニーですが、ほぼ全編にわたって参加しており、メセニーのソロがふんだんに聴けます。メセニーお得意のギターシンセ、ピカソギターも繰り出し、目立つ目立つ。曲によっては、ギャレットがゲストのような内容のものもあって、ギャレットの懐の深さが偲ばれます。メセニーのストレート・アヘッドなギターを堪能することが出来ます。メセニー・ファンには堪りません。
  
リズム・セクションの、ベースのロドニー・ウィテカー、ドラムのブライアン・ブレイドも強烈なビートを叩きだしていますが、これがまたユニーク。決して、コルトレーンのカルテットをコピーしようとしているのではなく、コルトレーンのカルテットにインスパイアされつつ、今の時代のメインストリーム・ジャズとしてのビートを叩きだしているところが、これまた斬新。特に、ここでも、ブライアン・ブレイドのドラミングは実に個性的で、ずっと耳を奪われっぱなし。
 
良いアルバムだと思います。そう言えば、アルト・サックスでコルトレーンをやる、というのも、なかなか面白いチャレンジですね。
  
タイトルに惑わされるなかれ。このアルバムは、単純なコルトレーン・トリビュートなアルバムでは無い。このアルバムが録音された時は1996年。今の耳で振り返ると、このアルバムの音は、新しいジャズの発展が感じられる、結構、エポック・メイキングな内容ではないか、と感心しています。 
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« ジャズの小径・2011年1月号です | トップページ | ペトのベスト盤的な「ライブ盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイトルに惑わされるなかれ:

« ジャズの小径・2011年1月号です | トップページ | ペトのベスト盤的な「ライブ盤」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー