最近のトラックバック

« 最近気になるドラマーって・・・ | トップページ | CTIレーベルらしいアルバム »

2011年1月26日 (水曜日)

フュージョン・徒然なるままに

フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)とは、ジャズを基調にロックやファンク、R&B、電子音楽、ワールドミュージックなどを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである(Wikipediaより)。
  
僕がフュージョン・ジャズに出会ったのは、高校1年生の頃。当時はまだ「クロスオーバー」というジャンル言葉で呼ばれていた。NHKーFMが、結構まとめてクロスオーバーをオンエアしてくれていて、よくエアチェックさせて貰っていた。本当に当時はFMのエアチェックが流行でしたよね。なんせFM番組専門の雑誌があった位ですから。ちなみに僕は「FMレコパル」派でした。
 
デオダート、ボブ・ジェームスなど、CTIレーベルの人気盤が流行でしたね〜。デオダートと言えば『Deodato 2』。「Rhapsody In Blue」が大のお気に入りでした。僕にとって、もともとクラシック曲の中でも大好きなガーシュインの名曲です。これをエレファンキーなジャズっぽくアレンジしていて、これがなかなか聴いていて楽しい。今でも良く聴きます。
 
デオダートはさておき、僕の高校時代、フュージョン・ジャズの中で一番聴き込んだのが「ボブ・ジェームス」。ボブ・ジェームスの『One』(写真左)は、エアチェックで1曲1曲集めていって、カセットに編集して一枚のアルバムしました。振り返ると、1974年リリースのアルバムなので、ちょうどリアルタイムで聴いていたんですね。
 
このボブ・ジェームスの『One』は、全ての曲が大好きですが、特に、まずは1曲目の「Valley Of The Shadows」は、ボブ・ジェームスのオリジナル。壮大で疾走感溢れるフュージョン・ジャズ・オーケストラが大迫力で単純に感動します。それから、2曲目の「In The Garden」は、バロック時代の作曲家パッヘルベルの「カノン」をジャズにアレンジした小品。
   
この邦題「涙のカノン」が、僕の大のお気に入りで、これは良いですよ。ハーモニカをフューチャーしているんですが、このハーモニカの音が良い。しみじみしていて、もう「ウルウル」です(笑)。4曲目の「Night On Bald Mountain」は、リムスキー=コルサコフが編曲・ムソルグスキーの「はげ山の一夜」を壮大なフュージョン・ジャズ・オーケストラに編曲したもの。クラシックの組曲が、こんなに躍動感あふれるフュージョン・ジャズに変身するなんて「目から鱗」でした。
 

Bob_james_1_5
 
 
そして、ボブ・ジェームスと言えば、僕が大学に入って、ジャズ者初心者として、自分のお金で、初めて買ったフュージョン・ジャズのアルバムが『Heads』(写真右)。1977年リリースのアルバムですから、リリース後、1年後に購入したことになります。ほぼリアルタイムですね。
 
この『Heads』は聴いたなあ。今までで一番聴いた回数の多いフュージョン・ジャズのアルバムがこの『Heads』です。とにかく、このアルバムは、カセットにダビングして、カセットのテープが伸びる位、聴き込みました。なんだか肌が合うというか、好みにぴったりフィットするんですよね、このアルバム。
 
特にLP時代のA面を占める「Heads」「We're All Alone」「I'm In You」はお気に入り中のお気に入り。ボブ・ジェームスの素晴らしいアレンジが秀逸。そして、ボブ・ジェームスのエレピとアコピの使い分けのテクニックが素晴らしい。バックのミュージシャンも抜群のテクニックでノリノリ。今日もこの3曲、聴き通してしまいました。何度聴いても良い。
   
ちなみに2曲目の「We're All Alone」は、AORの鯔背男、ボズ・スギャックスの名曲です。邦題は「二人だけ」だったかな。ここでのボブ・ジェームスのアレンジは、ボズのオリジナルを凌ぐ、秀逸なアレンジだと思います。このスローバラードな名曲が、こんなに旋律が美しく響き、かつ疾走感溢れる楽曲に変身するとは思いませんでした。

そして、3曲目は、ピーター・フランプトンの当時の大ヒット曲。この曲もオリジナルを意識させない、大胆なアレンジが素晴らしい。ボブ・ジェームスのアレンジの才能、全開です。 
 
今日は趣向を変えて、「フュージョン・徒然なるままに」のタイトルのとおり、フュージョン・ジャズの昔々の思い出を振り返ってみました。昔々を振り返って、僕がフュージョン・ジャズに親しむ切っ掛けを与えてくれたのが、ボブ・ジェームスでした。今でもボブ・ジェームスは大のお気に入りです。う〜ん、今度は『Touchdown』が聴きたくなってきた。しばらく、ボブ・ジェームス週間となりそうです(笑)。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

保存

« 最近気になるドラマーって・・・ | トップページ | CTIレーベルらしいアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/38620044

この記事へのトラックバック一覧です: フュージョン・徒然なるままに:

« 最近気になるドラマーって・・・ | トップページ | CTIレーベルらしいアルバム »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ