最近のトラックバック

« 明けましておめでとうm(_ _)m。 | トップページ | 年始のオープニング盤・その2 »

2011年1月 2日 (日曜日)

年始のオープニング盤・その1

バーチャル音楽喫茶『松和』では、年始のオープニング盤は、結構、昔から決まっている。
 
ジャズ盤では、まずはマイルス・デイヴィス。マイルス・デイヴィスの『アガルタ』(写真左)が絶対に年明け最初の一枚。このアルバムは実に思い出深い。1975年2月1日の大阪フェスティバルホールでの昼の部の演奏を編集してリリースされた、究極のエレ・マイルスのライブ盤。
 
ピート・コージーの軽やか&ヘヴィーなエレギと、マイケル・ヘンダーソン+アル・フォスター+ムトゥーメによる、ポリリズミックな怒濤のファンキー・リズム隊をバックに回して、マイルスの、それはそれは強烈なブロウが聴ける、最高に格好良いライブ盤です。
  
これには度肝を抜かれました。初めて聴いた時には、その超弩級のファンキーなリズムとマイルスの切り裂くような必殺ブロウに、なんだかちょっと怖くなって、暫く封印したのを覚えています。封印を解いたのは、大学に入ってから。
 
もともと正月にはあまり良い思い出が無くて、いくつかのトラウマを抱えていたので、そのトラウマを払拭しようとの思いで、聴き始めた、この究極のエレ・マイルスのライブ盤。超弩級のファンキーなリズムとマイルスの切り裂くような必殺ブロウで厄払い、なんて想いだったんでしょうね。それ以来、既に30年以上、正月の年始のオープニング盤として愛聴しています。
 
Agharta
 
今でも、このライブ盤については、オープニングのマイケル・ヘンダーソン+アル・フォスター+ムトゥーメによる、ポリリズミックな怒濤のファンキー・リズム隊の音を聴くだけでワクワクします。これがまあ、重いんだけどファンキーで疾走感のあるリズムは、マイルス・バンドだけが出せるリズムですね。ロックでは絶対に出せない。現代のジャズ界でも無理。とにかく凄い。
 
『アガルタ』よりも、夜の部を収録した『パンゲア』の方が内容的に凄い、との評が大勢を占めているようですが、う〜ん確かにそう思いますが、『アガルタ』のオープニングのマイケル・ヘンダーソン+アル・フォスター+ムトゥーメによる、ポリリズミックな怒濤のファンキー・リズム隊の音が良いんですね。
 
内容的には『パンゲア』に軍配を上げたくなるんですが、個人的な歴史の中での、印象・インパクトという面で、僕は『アガルタ』を「年始のオープニング盤」に選びますね。とにかく、エレ・マイルスのビートは「ヤバい」。特に、このアガ・パン(アガルタ+パンゲア)時代のビートは唯一無二。決して他に真似出来るものではありません。
 
マイルス・デイヴィスの『アガルタ』。CDで再発されても音質の悪さに耐えかねて、ずっとLPで聴き続けていましたが、2007年に日本でリリースされたDSDリマスターは、まずまずの音質になっており、今ではこの2007年DSDリマスターでの愛聴になっています。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 明けましておめでとうm(_ _)m。 | トップページ | 年始のオープニング盤・その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/38309854

この記事へのトラックバック一覧です: 年始のオープニング盤・その1:

« 明けましておめでとうm(_ _)m。 | トップページ | 年始のオープニング盤・その2 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ