« 市原ひかりの「Smile」が良い | トップページ | 腹が立った時に聴くジャズ »

2010年12月 6日 (月曜日)

個性を作る「手癖とフレーズ」

ジャズの楽しさのひとつは、それぞれの手練れのミュージシャンの「個性」を感じ、それを愛でることにある。
 
名だたる、名を成す、一流のミュージシャンには、必ず、その「個性」をなす手癖とフレーズがある。インプロビゼーションの手癖とフレーズを聴けば、必ず、「あっ、これは誰それ」、「あっ、これは彼だ」と直ぐに判る。
 
これが判るようになるには、ちょいと時間がかかるが、演奏を聴いて、その「手癖とフレーズ」を聴き分けて、ミュージシャンを想定することが出来る様になると、ジャズを聴く楽しみが倍増する。特に、それぞれの個性溢れるミュージシャン達が、サイドメンに回ってリーダーの引き立て役に回る時、この「手癖とフレーズ」が聴き分ける技が活きてくる。
 
今日聴いた、ボブ・ジェームス(Bob James)の『Ivory Coast』(写真左)も、そんな「手癖とフレーズ」を楽しむことが出来る一枚。1988年の作品。ワーナー第3弾。ボブ・ジェームス単独プロデュースの良く作り込まれた作品。
 
ボブ・ジェームスの演奏は、初心に帰ったような、ボブ・ジェームスの個性が溢れんばかり。デジタル録音をまだ自家薬籠中のものに出来ていない分、デジタル臭さは残るが、ボブ・ジェームスの「手癖とフレーズ」は初心に帰ったように、個性が露わになっている。
 
Bobjames_ivorycoast
  
これが、昔からのボブ・ジェームスのファンには堪らないのだ。ボブ・ジェームスには、クロスオーバー・ジャズに走った頃からの、ボブ・ジェームス独特の「手癖とフレーズ」がある。彼のキーボードの演奏には、一聴すると「これは絶対にボブ・ジェームス」と判る強烈な個性がある。
 
これを長年続けていると「マンネリ」に陥るわけだが、ボブ・ジェームスはそうならない。彼の卓越したアレンジ&プロデュースの能力が彼の「手癖とフレーズ」を決してマンネリに陥らせない。その彼の卓越したアレンジ&プロデュースの能力を、この『Ivory Coast』で堪能することが出来る。
  
また、この『Ivory Coast』でのボブ・ジェームスのアレンジ&プロデュースには、後のスムース・ジャズ路線に通じる個性が、そこかしこに息づいている。ボブ・ジェームスの「フュージョン・ジャズからスムース・ジャズへの進化」。そのスタート地点がこのアルバムに息づいている。
 
このアルバムの冒頭「Ashanti」を聴けば、ボブ・ジェームスの個性が明らかに初期の頃に戻り、改めて進化していることが判る。そして、昔からのボブ・ジェームスのファンである僕は、思わず喝采の声を挙げてしまうのだ(笑)。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
      
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。   
 

« 市原ひかりの「Smile」が良い | トップページ | 腹が立った時に聴くジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性を作る「手癖とフレーズ」:

« 市原ひかりの「Smile」が良い | トップページ | 腹が立った時に聴くジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー