最近のトラックバック

« Sony Rollins : The Freelance Years | トップページ | 絶品のピアノ〜ギター二重奏 »

2010年12月13日 (月曜日)

プレスティッジの隠れ盤

ソニー・ロリンズのアルバムって、意外と曖昧に扱われている感じがする。プレスティッジ時代のアルバムだって、『Saxophone Colossus』『Worktime』『Tenor Madness』あたりが、何度も何度もジャズ盤紹介に挙がるだけ。もっと幅広にと思うんだが如何だろうか。
 
このアルバムは、僕も若い頃は、その存在すら知らなかった。『Tour De Force』(写真左)。1956年12月7日の録音。ちなみにパーソネルは、Sonny Rollins (ts), Kenny Drew (p), George Morrow (b), Max Roach (ds), Earl Coleman (vo)。
  
全体の雰囲気は、プレスティッジ・レーベルお得意のパッと集まって、ちょちょいと打合せして、リハーサルもそこそこに、ジャム・セッション風の録音。アレンジが大雑把なのはいざ仕方ない。ロリンズは絶好調。しかも、このアルバムは、男性ボーカル入りの、歌伴でのロリンズのサックスが聴ける。
  
1曲目「Ee-Ah」、2曲目「B. Quick」、4曲目「B. Swift」、6曲目「Sonny Boy」のインスト・ナンバーは、ロリンズは絶好調。ビ・バップ譲りの高速ブロウでバリバリと吹き上げていく。
 
若き日のケニー・ドリューのピアノもビ・バップ調で飛ばしまくる。ジョージ・モロウのベースも堅調、マックス・ローチのドラムも疾走感抜群。高速ビ・バップ調の演奏で、それぞれのメンバーも好調。しかし、如何せんアレンジの単調さとリハーサル不足は否めない。名盤になり損ねた、実に惜しいアルバムである。
 
Rollins_tourdeforce
  
3曲目「Two Different Worlds」、5曲目「My Ideal」は、 アール・コールマンのボーカル入り。歌伴のロリンズが聴ける。歌伴のロリンズは素晴らしい歌心満点の、それはそれは美しいフレーズを紡ぎ上げていく。テナーは肉声に近い音が特徴の楽器だが、この特徴が実に良く出ている。
  
ロリンズの最高の特質は、この歌心満点の美しいフレーズにある。しかも、テクニックは高く、音の強弱緩急も自在に操る。現時点でも「テナー・タイタン」とリスペクトの念を持って呼ばれる所以である。テナーという楽器の原点に立ち返ると、このロリンズのブロウが正統と言えるだろう。 
  
『Tour De Force』は実に惜しいアルバムである。ビ・バップ譲りの高速ブロウでバリバリと吹き上げるものと、歌伴でのロリンズのサックスをフィーチャーしたものと、2種類のアルバムを企画して欲しかった。高速ブロウのロリンズと歌伴のロリンズ。プレスティッジは惜しいことをした。
  
ちなみに「Tour De Force」(仏語)とは、離れ業とか、気迫のこもった作品と言った意味。しっかりとアレンジし、しっかりとリハーサルを積んで録音すれば、きっと素晴らしい、2枚の名盤が出来上がったに違いない。そんな無念な想いを抱かせる、名盤になり損ねた、実に惜しいアルバムである。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
      
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« Sony Rollins : The Freelance Years | トップページ | 絶品のピアノ〜ギター二重奏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/38068217

この記事へのトラックバック一覧です: プレスティッジの隠れ盤:

« Sony Rollins : The Freelance Years | トップページ | 絶品のピアノ〜ギター二重奏 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ