« 気軽に気楽に聴けるジャズ | トップページ | ノエルの夜はムーディー・ジャズ »

2010年12月24日 (金曜日)

Natalie Coleで「Merry X'mas」

今日はクリスマス・イヴ。「Merry X'mas」である。さすがに今日は、クリスマス・ソング系のアルバムを、ということで、Fourplayの『Snowbound』などが鳴り響いている、我がバーチャル音楽喫茶『松和』である。
  
が、このクリスマス・シーズンには、とっておきの女性ボーカル・アルバムが流れる。Natalie Cole(ナタリー・コール)の『Unforgettable』(写真左)である。
 
偉大なジャズ・ピアニスト&ヴォーカリストであるナット・キング・コールを父に持つ、ナタリー・コール。ジャズ・ポップス・R&Bを股にかけて、固定のジャンルに拘らず歌いまくる、マルチ・タレントで偉大な女性ボーカリストである。
 
彼女のボーカルは素直でストレート。音域も通常の音域をシッカリと押さえた、実にノーマルな歌唱で、決してギミックに走らず、決してフェイクに走らない。しかも、ちょっとウェット感を湛えた、しっとりとした歌声が良い。全く持って父親譲りの素晴らしくノーマルな歌声である。
  
名盤『Unforgettable』では、とにかくシンプルで素直なボーカルで、父であるナット・キング・コールの有名曲、ヒット曲、得意曲をカバーしていく。「Paper Moon」「Route 66」「Mona Lisa」「Smile」などなど、僕が小学校高学年の頃、NHKのラジオ放送から流れてきたナット・キング・コールのヒット曲をを、娘であるナタリー・コールが、その個性を活かしてカバーしていく。が、全曲ナットの曲で無いのは「ご愛嬌」(笑)。
 
Ncole_unforgettable
 
でも、これが本当に良いんですよ。しっとりとしたスローな曲が多く収録されているのですが、これをジックリと全編に渡って、一気に聴かせてしまうのですから、この力量たるや素晴らしいものがあります。アレンジが良いのとバック・バンドの演奏が充実しているのも、このアルバムの魅力に貢献しています。
 
極めつけは、僕の大好きな「L-O-V-E」。この曲を聴くといつも幸せな気持ちになれます。
 
L is for the way you look at me,
O is for the only one I see,
V is very, very extraordinary,
E is even more than anyone that you adore
 
Love is all that I can give to you,
Love is more than just a game for two.
Two in love can make it,
Take my heart but please don't break it.
 
Love was made for me and you...
  
そして、ラストの父ナット・キング・コールとの擬似デュエット、デジタル技術の進歩に感謝感激の「Unforgettable」。感動の名唱。上品で荘厳な雰囲気が漂い、クリスマス・イヴの夜にピッタリきます。良いアルバム、良い歌唱だと思います。ポップなジャズ・ボーカルの秀作。
 
聖夜の静寂に、バーボンのグラスを傾けながら・・・「Merry X'mas」。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 気軽に気楽に聴けるジャズ | トップページ | ノエルの夜はムーディー・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Natalie Coleで「Merry X'mas」:

« 気軽に気楽に聴けるジャズ | トップページ | ノエルの夜はムーディー・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー