最近のトラックバック

« 実にクールなジャズ・オルガン | トップページ | 気軽に気楽に聴けるジャズ »

2010年12月21日 (火曜日)

英国の70年代フュージョン

英国のジャズ事情というのは、実に複雑というかユニークである。米国では、ロックとジャズは相容れ無い、全く別々な独立したジャンルだった訳だが英国は違う。
  
英国は長年、ジャズト言えば「バップ」こそがジャズであり、エレクトリックなジャズはもう既にジャズでは無い。ましてやクロスオーバーなんぞ、ジャズでは無く、当然、フュージョンは絶対にジャズとは言わない。実に英国らしい頑なさである。
 
ちなみに、英国においては、フュージョン・ジャズは、米国のようなジャズのジャンルの発展形ではなく、1970年代ロックのジャンルの人気のジャンルである「プログレッシブ・ロック」との、ミュージシャンの「共有(シェア)」で主に発展した。つまり、プログレバンドが、その超絶技巧なテクニックを駆使して、ジャジーなアレンジを導入して、英国なりのフュージョン・ジャズに発展したということ。
 
例えば、このソフト・マシーン(Soft Machine)の『Bundles(収束)』(写真左)が良い例だろう。ソフト・マシーンは、1960年代後半から1980年代初頭にかけて、英国で活動した、サイケデリック+プログレッシヴなロック、いわゆる「カンタベリー・ミュージック」の最右翼のバンドである。
 
このバンドは、当初、確かにアコースティックな演奏が中心のサイケデリックなバンドだった。途中、ジャズの要素を取り入れたりして「ジャズ・ロック」の旗手ともてはやされたが、アコースティック中心で音が薄く、ジャジーなビートは希薄、キャッチャーなフレーズも乏しかったので、僕は好きになれなかった。
 
また、前衛性が先に立ち過ぎて、プログレと呼ぶには分厚く劇的な展開に乏しく、ジャズ・ロックというには、ジャジーでファンキーな要素が乏しい。どうにも、音の厚さに乏しいところが、好きになれない決定的な原因だった。
 
Softmachine_bundles_3
 
しかし、このソフト・マシーンの不思議なところは、バンドの音楽性を節操なく変化させていったところにある。この8作目にあたるこの『Bundles』は、カンタベリー・ミュージックに端を発し、ジャズロックに傾倒しつつ、いきなりフュージョン路線へと一大転換を図った、突然変異的なアルバムである。しかも、音の厚さに乏しいところが、劇的に改善されている。聴いてビックリである。
  
とにかく、細かい理由は良く判らないが、超絶技巧な弾きまくりギタリスト、アラン・ホールズワースを迎えて、ソフト・マシーンは、いきなり、フュージョン・ジャズに転身した。
 
ちなみにパーソネルは、Roy Babbington (b), Allan Holdsworth (g), Karl Jenkins (oboe, p,ss), John Marshall (ds,per), Mike Ratledge (org,el-p,syn), Ray Warleigh (fl)。メンバー名を見ても、全く馴染みの無い名前が連なるが、このアルバムは、完璧な「超絶技巧アルバム」である。
 
とにかく、アラン・ホールズワースのギターが凄い。「超絶技巧」とはこのこと。どうやったら、これだけギターが弾きたおせるのか、理解に苦しむ。破綻の無い、疾走感溢れる超絶技巧な世界。リーダー格だった、カール・ジェンキンスの曲造りの巧みさも見逃せない。インスト中心で、ビートに乗った演奏は、フュージョン・ジャズそのもの。
 
それでいて、ファンキーさは希薄、抑制されたオフ・ビート、技巧は徹底的に追求されるが、ポップでキャッチャーな売れ筋の追求は皆無。サイケデリック+プログレッシヴなロックな時代で培ってきた前衛性は全く無し。素朴でシンプルでドライな展開が特徴の、英国フュージョン・ジャズならではの演奏を聴くことができます。とにかく、全編に渡って、疾走感あふれる超絶技巧な演奏は「圧巻」の一言。
 
ちなみに、ホールズワースはこのアルバムにのみに参加したのみでソフト・マシーンを脱退。トニー・ウイリアムス率いるライフタイムに加入することになります。素朴でシンプルでドライな展開はこのアルバムのみで聴かれるものです。この『Bundles』は、英国ならではの、フュージョン・ジャズの名盤だと思います。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 実にクールなジャズ・オルガン | トップページ | 気軽に気楽に聴けるジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/38165188

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の70年代フュージョン:

« 実にクールなジャズ・オルガン | トップページ | 気軽に気楽に聴けるジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ