最近のトラックバック

« ジャズの小径・11月号の更新です | トップページ | ジャズ・ギターの可能性 »

2010年11月28日 (日曜日)

深町純さんの訃報...

今日のお昼過ぎ、ネットを流していて、深町純の訃報に気が付いた。11月22日に都内の自宅にて、大動脈解離による心嚢血腫のため64歳で逝去とのことです。
 
深町純と言えば、日本のシンセサイザー奏者の草分けの一人。僕も学生時代、日本のシンセサイザー奏者ということで、何枚かアルバムを購入した思い出があります。最近、1970年代のアルバムが再発され出して、再評価の機運が盛り上がり始めた矢先だけに残念です。
 
僕にとっての深町純の印象は、シンセサイザーをシンセサイザーらしく鳴り響かせ、明らかに「これはムーヴ」「これはアープ」と判る奏法の持ち主で、シンセサイザーの音を聴く楽しさを与えてくれるキーボーティストでした。逆に、シンセサイザーの持つ特徴をあからさまに全面に押し出すので、シンセサイザーの音が耳につくような音楽にはちょっと不向きかなあ、と思っていました。
 
僕が「深町純」の名前を聞いて、いの一番に思い出すアルバムが『Jun Fukamachi & The New York All Stars/Live』(写真左)です。このライブ盤は外せない。なんせフュージョン・ブーム真っ只中の1978年9月後楽園ホール及び郵便貯金小ホールで行なわれた伝説のライブを収録しているからです。さすがに、当時、ジャズ者駆け出しの僕でも、このライブについては事前に情報を仕入れていました。でも、さすがに当時、東京は遠い。「いいな〜」と指をくわえて見ているだけでした。
 
よって、この伝説のライブを収録したLPが出た時は、飛びつこうと思ったら、行きつけの「秘密のジャズ喫茶」で購入されていたので、暫く通い詰めて聴かせて貰い、最後はカセットにダビングして貰い、暫く、毎日聴いていました。えっ? どの辺が「伝説のライブ」なのかって?
 
このライブのパーソネルを見ると「伝説のライブ」と言われる所以がお判りになるかと。Jun Fukamachi(key), Randy Brecker(tp), David Sanborn(sax), Michael Brecker(sax), Steve Khan(g), Richard Tee(key), Anthony Jackson(b), Steve Gadd(ds), Mike Mainieri(vib, perc)。
 
Jun_fukamachi_nyallstars
 
どうです、凄いでしょ。スタッフのリズムセクションに、ブレッカーブラザースの兄弟フロントに加えて、フュージョン・アルトの第一人者。フュージョン・ヴァイヴの若手気鋭に、フュージョン・ギターの人気者、そして、我が日本からは、シンセサイザー・キーボーティストとして深町純が参戦。このメンバーのそれぞれが自分の持つ演奏能力をほぼ最高に近い形で出したら、それはそれは、かなり凄いライブになるというのは想像に難くないかと。
 
その幸せな瞬間を記録したライブ盤のひとつがこの『Jun Fukamachi & The New York All Stars/Live』です。とにかく、メンバー全員がコンディション好調で、実に内容のある、充実した演奏を繰り広げています。様々な音楽ジャンルの要素を集めてひとつとしたようなフュージョン・ジャズ。そんなフュージョン・ジャズの演奏サンプルのような「これぞフュージョン」という演奏がギッシリと詰まっています。
 
日本から唯一参戦の深町純もシンセサイザー一本で健闘しています。さすがに、これだけのフュージョン・ジャズを代表するメンバー構成なので、常に全面に出て、全体をリードするという訳にはいかないのですが、担当のソロスペースでは、なかなか個性的なシンセサイザー・ソロを聴かせてくれます。
 
面白いのは、深町純のシンセサイザーの音は、一聴したら「それ」と判る個性的な音で、加えて、深町純がシンセサイザーのソロを始めると、全体の演奏の雰囲気がガラっと変わって、なぜか「ロック調」一色になります。これが意外と面白い。
 
フュージョン・ジャズのメンバーはなんやかんや言ってもジャズ畑出身のメンバーなので、どれだけロック調で演奏しても、その底は「ジャズ」なんですが、深町純のシンセサイザーはちょっと違う。その底の「ジャズ」がとても「あっさり」しているんですね。あっさりとフュージョンの8ビートに乗るから、「ロック調」の雰囲気が一気に全面に出るんでしょうね。この変化が面白いし、この変化を受け入れ、受け止めるから、フュージョン・ジャズって面白い。
 
今日は午後から、この『Jun Fukamachi & The New York All Stars/Live』を、深町純の追悼として、ヘビーローテーションでした。また一人、1970年代から活躍した日本人ミュージシャンが鬼籍に入りました。淋しい限りです。ご冥福をお祈りします。合掌。 
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
      
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 

保存

« ジャズの小径・11月号の更新です | トップページ | ジャズ・ギターの可能性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/37877432

この記事へのトラックバック一覧です: 深町純さんの訃報...:

« ジャズの小径・11月号の更新です | トップページ | ジャズ・ギターの可能性 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ