« 晩秋の「ゴルソン・ハーモニー」 | トップページ | 懐かしの「ガッド・ギャング」 »

2010年11月21日 (日曜日)

『Band On The Run』特別盤

ポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)の『バンド・オン・ザ・ラン』(写真左)がデラックス・エディション化されました。当初は8月リリースの予定でしたが11月まで延期となり、やきもきしましたが、なんとか無事発売にこぎ着けた様です。
 
レーベル移籍に伴ってデラックス・エディション盤としていリリースとのことですが、この『バンド・オン・ザ・ラン』って、手を変え品を変え再リリースされるアルバムで、最近では「25周年記念ボックス盤」なんてものもありました。
 
今回の再発は、以下の様に4種類のバージョンがあります。日本ではLPバージョンは発売されませんでした。しかも「3CD+1DVD」と「2CD+1DVD」については、呼び名に微妙な「ずれ」があって、ちょっと混乱します。日本盤の方の呼び名の方に問題有りだと僕は思います。
 
もう「英語表記」で統一しても良いのでは無いでしょうか。「Deluxe」と「Special」の意味合いの差が判らない年代って、そうとうお年を召した年代に限られるのではないでしょうか。とにかく判りづらい。
 
3CD+1DVD:国内盤=スーパー・デラックス・エディション・輸入盤=Deluxe Edition
2CD+1DVD:国内盤=デラックス・エディション・輸入盤=Special Edition
1CD:国内盤=通常盤・輸入盤=Standard Edition
LP:国内盤=発売無し・輸入盤=Vinyl Edition
 
最初は奮発して、3CD+1DVDの「Deluxe Edition」を購入しようと思ったんですが、CD3枚目のオーディオ・ドキュメンタリーは一度聴いたら、恐らくほとんど聴かないだろうなあ、しかも、ブックレットも一度読んだら、恐らくほとんど読まないだろうなあ、と思って、最終的には、2CD+1DVDの「Special Edition」(写真右)にしました。
 
Band_on_the_run_special
 
CD1枚は当然のごとく、オリジナルの『Band On The Run』。SHM-CD仕様での提供とは知らなかったので、お買い得感有りでした。CD2枚目はボートラ集。英国盤未収録のシングル曲「Helen Wheels」を始め、ドキュメンタリー映像「ワン・ハンド・クラッピング(One Hand Clapping)」からのオーディオ・トラックなど、全9曲収めています。まあ、これは明快に「ボートラ」的なもの。
 
DVDには、プロモーションビデオやドキュメンタリー映像「ワン・ハンド・クラッピング」、レコーディング・セッション映像、アルバム・ジャケットの撮影風景などが収録されます。これは、ポールのファンであれば、ポールを知りたい方々であれば、見ていて楽しいと思います。逆に、ポール自身のキャラに、あまり興味の無い方々には、あまり有り難みが無いかも。
 
CD1枚目のオリジナル盤の音は、現時点で最高だと評価しています。リマスターの方法としては、テープノイズの除去やピーク・リミッターを必ず使用する、従来のリマスターの踏襲では無く、2009年ビートルズリマスター盤の制作方針に準拠しながら行なわれたとのことです。僕は、2009年ビートルズリマスター盤の制作方針を支持していますので、今回のオリジナルの『Band On The Run』のリマスターには大満足です。
 
とにかく、オリジナル盤の今回のリマスターは「買い」だと思います。一般の70年代ロック者の方々であれば「Standard Edition」、一般のポール者の方々であれば「Special Edition」、コアなポール命の方々であれば「Deluxe Edition」がお勧めでしょうか。

「Deluxe Edition」は、約1万円と高額ですので(日本盤の「スーパー・デラックス・エディション」も同程度)、この1万円の価値をどう見るかで、「Deluxe Edition」の評価が分かれるでしょう。 
  
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
     
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 

« 晩秋の「ゴルソン・ハーモニー」 | トップページ | 懐かしの「ガッド・ギャング」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Band On The Run』特別盤:

« 晩秋の「ゴルソン・ハーモニー」 | トップページ | 懐かしの「ガッド・ギャング」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー