« CTIのフレディー・ハバード | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・16 »

2010年11月12日 (金曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・10

さて、久しぶりに、ビッグバンド・ジャズの特集である。シリーズ「ビッグバンド・ジャズは楽し」の今日は第10回目。題して『ビバ!Vanguard Jazz Orchestra』。

Vanguard Jazz OrchestraのCDをちょっとだけ聴いて、「これはいける、これは良い」と直感的に思った。重心の低い、正統派のビッグバンド。スイング感よりドライブ感優先。ソロイストはどれも秀逸。ベースとドラムの重低音重視の、音の底を這うようなビートが堪らない。疾走感が良い。そして、バラードのクールな歌心がまた良い。

そんなVanguard Jazz Orchestraの、僕のお目当てのアルバムは『Monday Night Live At The Village Vanguard』(写真左)。これが欲しくて欲しくて堪らない。でもCDは結構値が張る。今回、Amazonのmp3ダウンロードサイトで、やっとのことでリーズナブルな価格で手に入れた。嬉しい。

CD2枚組の『Monday Night Live At The Village Vanguard』。Vanguard Jazz Orchestraの魅力がてんこ盛り。とにかく、収録されたどの曲もどの演奏も、正統派ビッグバンド・ジャズ。基本姿勢は、スイング感よりドライブ感優先。これって、どこかのビッグバンド・ジャズに良く似ているのでは・・・。

1966年2月、サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラとしてスタート。以来44年間にわたり、N.Y.の名門ジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」で毎週月曜日にライヴを続けているビッグバンドが、この「Vanguard Jazz Orchestra」である。

Vjo_monday_night_live

この事実、聴き始めた頃は全く知らなかった。不明を恥じます。それでも、重低音重視の、音の底を這うようなビートと、スイング感よりドライブ感優先な、切れ味鋭いアンサンブル。これって、確かに、サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラの特徴を踏襲しているんですよね。

でも、正直言うと、サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ=Vanguard Jazz Orchestra というのはつい最近知った。すみません。不明を恥じてます(笑)。なんか良く似ているなあ、とは思ったんやけどなあ。フォロワーと思ってしまったんだよな〜。

2008年2月にNYのヴィレッジ・ヴァンガードで行われたライブ録音より選りすぐりの11曲を2枚のCDに収録した、秀逸なビッグバンド・ジャズのライブ盤。選曲が良いんですよね。当たり前か。数々の名作を遺した作曲家でもあるサド・ジョーンズのレパートリーを中心に選んでいるんやもんな。なんで、このVanguard Jazz Orchestraが、サッド・ジョーンズの曲を好んでチョイスするか、それもつい最近知った。何度も言うが、サド=メル・ジャズ・オーケストラ=Vanguard Jazz Orchestra なんですよね。

近年のビッグバンド・ジャズの好盤です。とにかく、正統派ビッグバンド・ジャズであることが、なによりも嬉しいし、現代ビッグバンド・ジャズの特徴でもある「スイング感よりドライブ感優先な、切れ味鋭いアンサンブル」が、しっかりと踏襲されているのも嬉しい。

第50回グラミー賞「ベスト・ラージ・アンサンブル」部門獲得アルバムでもあります。ビッグバンド・ジャズの入門盤としても最適なアルバムでもあります。良いアルバムです。聴けば判る。久しぶりに、ビッグバンド・ジャズを心から堪能しました。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。
   
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 

« CTIのフレディー・ハバード | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・10:

« CTIのフレディー・ハバード | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・16 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー