最近のトラックバック

« ジャズ史上最高の「枯葉」 | トップページ | ロリンズの「最初の代表盤」 »

2010年10月13日 (水曜日)

インタープレイ最高の「枯葉」

昨日、大スタンダード曲の「枯葉」について語った。今日も続けて大スタンダード曲の「枯葉」の話題。
 
ジャズの大スタンダード曲「枯葉」。最高の演奏はマイルスの「枯葉」。名義はキャノンボール・アダレイ。アルバムは『サムシン・エルス』。しかし、陰のリーダーはマイルス。LP時代、A面の1曲目。「ズンドコ・ズンド」というイントロに乗って、そして、マイルスが旋律を携えて滑り出してくる。
 
マイルスの名演中の名演の後、大スタンダード曲「枯葉」と聴いて思い出すのは、ジャズ・ピアノの巨匠、ビル・エバンスの「枯葉」。ビル・エバンス×スコット・ラファロ×ポール・モチアンの黄金のトリオの4部作の最初の大名盤『ポートレイト・イン・ジャズ』(写真左)のLP時代のA面の2曲目、そして3曲目。そこに、唯一無二な、崇高な「枯葉」のインプロビゼーションがある。
 
『ポートレイト・イン・ジャズ』は、1959年12月28日の録音。キャノンボール・アダレイの『サムシン・エルス』の録音は、1958年3月9日。当然、ビル・エバンスは、マイルスの「それ」を聴いていたに違いない。エバンスはマイルスの後塵を拝するのは避けたかった。
 
出だしのイントロのアレンジが全く違う。マイルスのイントロのアレンジは「重厚かつ華麗」。エバンスのイントロは「軽快かつシンプル」。「軽快かつシンプル」な割に印象的なイントロ。端的に印象を残しながら、いきなり軽妙かつスピード感豊かに、トリオが一体となって「枯葉」の主旋律を奏で始める。このイントロから主旋律への切り返しが、実にスリリングである。
 
Bevans_portraitinjazz
 
この出だしの「つかみ」で唸った方は、もう、このエバンスの「枯葉」の魅力から逃れられない(笑)。トリオが一体となって、スピード感溢れる主旋律の展開。その展開が終わるや否や、ピアノとベース、そしてドラムが同等、平等になって、一斉にインプロビゼーションの展開になだれ込む。
 
三者一体となった、三者それぞれが、それぞれの音を尊重し、それぞれの音を活かしながら、自分の音を、自分のプレイを主張する。三者一体となったインタープレイ。その心地良い緊張感。その心地良い音の響き、重なり、ぶつかり合い。「枯葉」の持つ独特のコード進行が、ピアノ・トリオのインタープレイを増幅する。
 
マイルスの「枯葉」が、ジャズにおけるグループサウンズの最高峰であるとするなら、エバンスの「枯葉」は、ピアノ・トリオにおけるインタープレイの最高峰と言えるでしょう。とにかく、スリリングで、心地良い緊張感があって、心地良い音の重なりと響きが素晴らしい。
 
このエバンスの大名盤『ポートレイト・イン・ジャズ』の素晴らしさは、ジャズ者駆け出し初心者の僕でも直ぐに判った。まだ、ジャズのLPを20数枚しか所有していない頃の話である。それから、このアルバムに収録された「枯葉」は何度聴いたかしれない。何度聴いても、新しい発見を、新しい刺激を与えてくれるエバンス・トリオの名演中の名演。
 
アルバムには、stereoバージョンとmonoバージョンの2曲が連続して収録されているが、どちらの内容も甲乙付け難い。気分によって評価が変わる。日によって評価が変わる。そんな最高の内容を誇る、ピアノ・トリオにおけるインタープレイの最高峰の「枯葉」。このエバンスの大名盤『ポートレイト・イン・ジャズ』は、そして、突出した内容を誇る「枯葉」は、ジャズ者初心者からベテランまで、全てのジャズ者のマストアイテムでしょう。 
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。名称「松和のマスター」でつぶやいております。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 

« ジャズ史上最高の「枯葉」 | トップページ | ロリンズの「最初の代表盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/37219775

この記事へのトラックバック一覧です: インタープレイ最高の「枯葉」:

« ジャズ史上最高の「枯葉」 | トップページ | ロリンズの「最初の代表盤」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ