« フュージョン・ジャズの大名盤 | トップページ | ニューヨークの吟遊詩人 »

2010年10月 9日 (土曜日)

和蘭の孤高のロックギタリスト

土日は70年代ロックの話題を。9月27日のブログで、Jan Akkerman(ヤン・アッカーマン)のソロライブ『Live In Concert at Hague 2007』をご紹介したが、それ以来、Jan Akkermanのソロアルバムが気になって仕方が無い。

ちなみに、Jan Akkermanは、1970年代、オランダのプログレバンド、フォーカス(Focus)というバンドのギタリスト。73年、英国の音楽雑誌「メロディーメーカー」による人気投票では、エリック・クラプトン、スティーブ・ハウらを押さえて、ギタリストNo.1に選ばれたほどの力量の持ち主だ。

ヤンのソロ・パフォーマンスの特徴は、凄まじいほどのハイテクニックで、インストゥルメンタル指向。ジャズのコンセプションも完全理解していて、フュージョン・ギタリストとした方が座りが良いが、パフォーマンスの根底にはロックのビートが横たわっており、米国のフュージョン・ギタリストとは、音とフレーズのビートが根本的に異なる。僕は「欧州のフュージョン・ビート」と呼んでいる。

目にも止まらぬ速弾きテクニックとともに、極めて繊細な表現力もあわせ持ち、ギターを弾き進めていく姿は求道的。あくまでおのれの道を究める姿勢。鬼気迫るものを感じると同時に、柔らかな優しさも感じる、豊かで切れ味の良いヤンのギターは、聴いていて、なんだかワクワクするものがある。70年代ロック黄金時代を感じるんでしょうかねえ。

さて、今回のヤンのライブ盤『Live at Alexanders』(写真左)。1999年英国ツアーのライブパフォーマンスの記録である。1999年7月、英国のチェスターとリバプールでのライブ録音。収録曲は以下の通り。

Yanakkerman_alexanders

1. HOCUS POCUS / PIETONS
2. CRACKERS
3. MERCY MERCY MERCY
4. TOMMY
5. NO HANG UPS
6. POOL HOUSE BLUES
7. SYLVIA'S GRANDMOTHER
8. MY PLEASURE
 
1曲目の「HOCUS POCUS / PIETONS」や7曲目の「SYLVIA'S GRANDMOTHER」は、フォーカス時代の名曲をヤンのギター・ソロ・パフォーマンスで楽しませてくれる。7曲目の「SYLVIA」は名曲。元曲のフレーズをデフォルメしながら、実にスリリングで爽快感のある凄テクなソロ&リフを展開する。何時聴いても良い。

そして、先ほど「ジャズのコンセプションも完全理解している」と書いたが、このライブ盤でも、4曲目に「MERCY MERCY MERCY」が採り上げられている。ジョー・ザビヌル作のキャノンボール・アダレイ楽団の大ヒット曲である。ファンキー・ジャズの代表的名曲。

これを、しっかりと粘りのあるファンキーな4ビートに乗せて、ここでは、ハイテクよろしくアコギを、タメを効かせまくりながら弾きまくる。決して黒くはならない。欧州フュージョンならではの「乾いたファンキー・ジャズ」。これ、結構聴きものです。

いやいや、このライブ盤『Live at Alexanders』は、前に採り上げた『Live In Concert at Hague 2007』に勝るとも劣らない、素晴らしいライブ盤だと思います。音質的には『Live In Concert at Hague 2007』、熱気とライブ感は『Live at Alexanders』。どちらも、僕の大好きな「SYLVIA」も収録してくれていて、甲乙付けがたい内容です。フュージョン・ジャズ者マニアの方は一聴をお勧めしたいでうね。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。友だち検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。   
 
 

« フュージョン・ジャズの大名盤 | トップページ | ニューヨークの吟遊詩人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和蘭の孤高のロックギタリスト:

« フュージョン・ジャズの大名盤 | トップページ | ニューヨークの吟遊詩人 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー