最近のトラックバック

« フランク・シナトラ=ニューヨーク | トップページ | ニューヨークの「ピアノ・マン」 »

2010年9月23日 (木曜日)

ベースはここまで前に出て良い

いや〜、今日の雨は激しかったですね〜。今日は嫁はんの実家まで墓参り。往復「大雨」。車だったんだが、事故をおこしそうになり、事故にまきこまれそうになったり、大変疲れた 。やっとのことで、家に帰り着いた。

さて、今日は、現時点での、次世代を担うベジャズ・ーシストのリーダーアルバムについて語りたい。そのアルバムは、Christian McBride 『Gettin' To It(邦題:「ファースト・ベース」)』(写真左)。現代のファースト・コール・ベーシストの一人、クリスチャン・マクブライド初リーダー作である。

1995年のリリース。ちなみにパーソネルは、Roy Hargrove(tp), Joshua Redman(ts), Steve Turre(tb), Cyrus Chestnut(p), Christia McBride(b), Ray Brown(b), Milt Hinton(b), Lewis Nash(ds)。マクブライドをリーダーとしたセクステットに、ジャズ・ベーシストの偉人二人をゲストで招いた、という図式のメンバー構成。しかし、蒼々たるメンバーである。一介のジャズ・ベーシストの初リーダー作のメンバー構成としては、あまりにゴージャズと言えばゴージャス。

しかし、このアルバム、決して、リーダーのマクブライドは「メンバー負け」していない。実に良く、錚々たるメンバーを束ねて統率し、なかなかのコンテンポラリーなジャズを展開していることは、とても立派だ、と思う。

クリスチャン・マクブライドのベースの素晴らしい面は、まず「ピッチが合っている」ことが挙げられる。チューニングをちゃんとしている。これって、楽器を演奏するものにとっては当たり前の事なんだが、ジャズについては、この当たり前の事が見過ごされているケースが多い。

ベーシストとて例外では無い。1970年代のロン・カーターのベースのチューニングについては首を傾げる。聴くに堪えないチューニングの甘さを露呈したアルバムも、残念ながら多々ある。ジャズ・ベーシストの偉人の一人であるレイ・ブラインですら、ピッチが合っていないアルバムもあり、この当たり前の事を徹頭徹尾、晩年期まで貫き通したのは、怒れるジャズ・ベーシスト、偉人チャールズ・ミンガスくらい。
 

 Cmcbride_gettintoit

 
さて、マクブライドのベースは音が大きい。ハッキリと聴き取れるマクブライドのベースライン。これって、素晴らしいことで、正統にジャズ・ベーシストをとしての評価を下すことが出来る。加えて、他のバンド・メンバーに迎合しない、そして、若くして、これだけハッキリとしたビートを供給するベーシストは数少ない。そして、そのテクニックは「卓越」の一言。

ベーシストとして、「卓越したテクニック」を保有し、ピッチが合っている、そして、音が大きい。そんな、ベーシストとして理想的な資質をバックに、この初リーダー作では、独自の演奏コンセプトの確立に対して、マクブライドは「もがきにもがいている」。演奏コンセプトを確立しようと焦る余り、なかなか画期的な新しいコンセプトが出ない、捻出するに至らない、ということろが、ちょっともどかしいところではあります。

とにかく、マクブライドのベースのピッチが合っているので、ベースのボウイング奏法も、少し長いベースソロも苦にならない。どんと来いである。楽器演奏の基本をしっかりと押さえる。優れたミュージシャンの第一歩である。

Christian McBride の初リーダー作『Gettin' To It』を聴き進めてきて、ここまで「ピッチが合っていて」、ここまで「テクニックに優れ」、ここまで「音が基本的に大きく切れ味が良い」となれば、ジャズ演奏の中心として、ベースはここまで前に出て良いのではないか、という気がする。

というか、ジャズ・ベースは、ここまで前に出て欲しい。ジャズ演奏において、ジャズのビートを供給する、その大本を司るジャズ・ベース。もう少し、全面に出てきても良いのではと思ったりする。

Christian McBrideをはじめ、1990年代のジャズ界に出て来た、次世代を担う若手新人も、今や皆、中堅として活躍している。あえて今、彼らの新人時代のリーダー作を聴くと、やはりその資質は素晴らしい。栴檀は双葉より芳し、である。 
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。友だち検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« フランク・シナトラ=ニューヨーク | トップページ | ニューヨークの「ピアノ・マン」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/36891112

この記事へのトラックバック一覧です: ベースはここまで前に出て良い:

« フランク・シナトラ=ニューヨーク | トップページ | ニューヨークの「ピアノ・マン」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ