最近のトラックバック

« ビリー・ジョエル「NYらしさ満載」 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・9 »

2010年9月27日 (月曜日)

蘭プログレ発のフュージョン

1970年代、オランダのプログレバンドで、フォーカス(Focus)というバンドがあった。1970年、Thijs Van Leer(タイス・バン・レアー)とJan Akkerman(ヤン・アッカーマン)を核として、ベースギター(Martijn Dresden:結成時)、ドラム(HansCleuver:結成時)の4名で結成された。

バンドは初のシングルヒット「悪魔の呪文 : HOCUS POCUS(71年、英国では72年)、セカンドヒット「シルビア」(72年)で、欧米を中心にその勇名を轟かせた。73年、英国の音楽雑誌「メロディーメーカー」による人気投票では、各部門にフォーカスのメンバーが選出されている。とくにヤンがエリック・クラプトン、スティーブ・ハウらを押さえてギタリストNo.1に選ばれたことは、当時、驚くべきニュースだった。

74年、初来日公演が実現。その後、75年にも2度目の来日公演もあったが、タイスとヤンのめざす音楽の方向性の相違が明らかになり、75年のワールド・ツアー・キャンセル、ドラマーの交代と続き、76年、ヤンが脱退。タイスとヤンによるフォーカスのアルバムは「Mother Focus」が最後となった(その後 76年、アウトテイク集「Ship of Memories」がリリース)。

フォーカスの演奏するメロディーやアンサンブルには、クラシックの楽曲構成やロマンティシズム、ロックのダイナミズム、ジャズに代表される即興性など、さまざまなエッセンスがミックスされており、加えて、彼らの高い演奏技術と楽曲の独創性から、他のプログレ・バンドには見られない、唯一無二のオリジナリティーを誇る、と、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」(左をクリック)にある。

そのフォーカスのギタリスト、Jan Akkerman(ヤン・アッカーマン・写真右は1970年代のヤン)は、まだまだ現役ギタリストで頑張っている。iTunesを徘徊していて見つけたライブアルバムが『Live In Concert at Hague 2007』(写真左)。2007年のライブ。僅か3年前のヤン・アッカーマン御大の勇姿が眩しい。
 

Janakkerman_liveathague

 
ヨーロッパのプログレは、ジャズ、フュージョンと親和性が高い。というか、ズバリ、イコールだったりする。ヨーロッパのプログレバンドが、以前ジャズをやっていたり、プログレ・ブームの後、フュージョンをやっていたりする。例えば、ヤン・アッカーマンが在籍していたフォーカスも例外ではない。タイスとヤンによるフォーカス最後のアルバム「Mother Focus」は、フュージョンのテイストが満載の佳作。プログレとしてはイマイチだが、フュージョンとしては「なかなかの出来」。

この『Live In Concert at Hague 2007』では、ヤン・アッカーマンは、とにかく弾きに弾きまくる。ロック・ギタリスト、フュージョン・ギタリストとして大事なことは、そのエレギの音が個性的で聴き応えがあって、心地良い音であることなんだが、ヤン・アッカーマンのエレギの音は実に個性があって、しかも心地良い音。これぞエレギの音って感じの、ちょっとくすんだ感じの伸びのある音が実に気持ち良い。

加えて、ヤン・アッカーマンのエレギのフレーズは実に「流麗&シンプル」、そして、クラシックの影響からか、そこはかとはく優雅そして叙情的。熱気をはらんだ早弾きも、長年培ったテクニックに裏打ちされて、決して破綻すること無く、とにかく「聴かせくれる」。歌心とテクニック溢れるヤン・アッカーマンのエレギは、上質の「フュージョン・ギター」。ロック畑では、ジェフ・ベックも真っ青のハイテクニック、そして、実に格好良いフレーズの嵐である。

フォーカス時代からのファン・サービスとして、フォーカス時代のヒット曲「Answers Questions」「Hocus Pocus」そして「Sylvia」も披露してくれていて、1970年代、フォーカスのファンだった僕としては、実に嬉しい限り。涙涙である(笑)。

今では、知る人ぞ知る、という印象のヤン・アッカーマンですが、この『Live In Concert at Hague 2007』は、現代のヨーロッパのフュージョン・ジャズとして、なかなかの内容を誇る佳作だと思います。1970年代、蘭(オランダ)プログレのフォーカスのファンとしては、とにかく懐かしいアッカーマン節を聴くことが出来、また、フュージョン・ファンとしては、現代のヨーロッパの上質なフュージョンが聴ける。そんな「一粒で二度美味しい」ライブ盤です。 
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。友だち検索で「松和のマスター」を検索してみて下さい。

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 

« ビリー・ジョエル「NYらしさ満載」 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・9 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/36956824

この記事へのトラックバック一覧です: 蘭プログレ発のフュージョン:

« ビリー・ジョエル「NYらしさ満載」 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・9 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ